ジョブ履歴機能を有効/無効にする

ブラウザーを使って、本機の出力履歴を表示します。

ジョブ履歴は、本体の操作パネルにも表示できますが、本体の電源をOFFにすると消去されます。Web Utilitiesで表示されるジョブ履歴はHDDに保存されるため、電源をOFFにしても履歴が消去されず、過去の履歴を参照できます。

ジョブ履歴機能は、初期設定ではON(300,000件)になっています。設定を変更する場合は、下記の手順に従ってください。

  1. Web Utilitiesのメインページ画面を表示します。

  2. 管理者設定をクリックします。

    パスワード入力のダイアログボックスが表示されます。

  3. ユーザー名にadmin、パスワードに8文字の管理者パスワードを入力して、OKをクリックします。

    管理者設定メニュー画面が表示されます。

  4. リモートパネル設定/ジョブ履歴設定をクリックします。

    リモートパネル設定/ジョブ履歴設定画面が表示されます。

  5. ジョブ履歴の最大保存件数を選択します。

    • ほそく0(ジョブ履歴機能OFF)、100,000、300,000から選択します。

    • ほそく最大保存件数を超えた場合は、古い履歴から上書きされます。

    • ほそく最大保存件数を変更すると、履歴データがリセットされることがあるので注意してください。

  6. 変更した設定を有効にします。

    登録をクリックして、主電源スイッチをOFF/ONします。

    重要
    • 主電源スイッチをOFF/ONする場合は、主電源スイッチをOFFにして、必ず10秒以上経過してからONにしてください。間隔を空けないと、正常に機能しないことがあります。

    • 副電源スイッチをOFFにする前に、主電源スイッチをOFFにしないでください。副電源スイッチをOFFにした後、下記のメッセージが表示されている間は、主電源スイッチをOFFにしないでください。

    • 冷却中です 冷却後に自動的に電源が切れます

    • 電源OFF処理中です 主電源を切らないでください

    • これらのメッセージが表示されているときに主電源スイッチをOFFにすると、機械の中でトナー固着などの致命的なトラブルが発生することがあります。

参照