パスワード規約設定

パスワード規約を有効にするかどうかを選択します。
有効を選択すると、下記のパスワード規約に基づいて、本機に設定するパスワードを通常より厳格にします。

パスワード規約

認証種別

使用できる文字種

文字数

備考

管理者パスワード

英字(大文字・小文字)、数字、記号、ダブルクォーテーション

8~64文字

-

ユーザーパスワード(本体認証)

英字(大文字・小文字)、数字、記号、スペース

0~64文字

セキュリティー強化モードがONのとき、8文字未満のパスワードは使用できません。

ユーザーパスワード(中間認証)

英字(大文字・小文字)、数字、記号、スペース

0~64文字

-

ユーザーパスワード(外部認証)

英字(大文字・小文字)、数字、記号、スペース

0~64文字

使用できる文字種情報をサーバーと通信しているため、記載の文字種が使用できない場合があります。

フォルダパスワード

英字(大文字・小文字)、数字、記号、スペース

0~64文字

-

部門パスワード

英字(大文字・小文字)、数字

0~8文字

操作パネルテンキーで入力が可能です。

パスワード規約の対象になるパスワードは、下記のとおりです。

  • 管理者パスワード

  • ユーザーパスワード

  • 部門パスワード

  • HDD保存/フォルダーパスワード

  • 一時保存ジョブ(セキュリティー印刷)やHDD保存ジョブに設定するパスワード

  • コピー/スキャンジョブに設定するパスワード

  • ボックスパスワード

  • セキュリティープリント(機密フォルダ)に設定するパスワード

  • スキャン設定・ボックス登録時のパスワード

  • SNMP設定の各パスワード

  • WebDAVサーバー設定・パスワード

英字の大文字と小文字は区別します。

記号は半角記号だけ使用できます。

  1. 簡単セキュリティー設定メニュー画面を表示するの操作をして、簡単セキュリティー設定メニュー画面を表示します。

  2. 簡単セキュリティー設定メニュー画面のパスワード規約設定を押します。

  3. パスワード規約設定有効または無効を選択します。有効を選択した場合は、パスワード最小文字数を8文字から64文字で設定します。

    • ほそく管理者パスワードがデフォルトのままの場合、パスワード規約に準じていない場合、または設定した管理者パスワードの文字数より、大きい数字をパスワード最小文字数に入力した場合に有効を押すと、選択拒否のダイアログが表示されます。規約に準じた管理者パスワードに変更するか、設定した管理者パスワードの文字数にあわせた数字を入力してください。詳しくは、管理者パスワードをごらんください。

  4. 設定内容を確定するため、OKを押します。

    • ほそく確定しないときは、キャンセルを押します。いずれも、簡単セキュリティー設定メニュー画面に戻ります。