詳細設定

設定項目と説明

設定値(は初期値)

デバイス設定

本機のMACアドレスの確認や、ネットワーク速度の設定をします。

MACアドレス

LLTD設定

LLTD(Link Layer Topology Discovery)を使うかどうかを選びます。

LLTDを使うと、7以降のWindowsコンピューター(Windows 7/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2)をお使いの場合に、本機をネットワークマップに表示できます。

有効無効

ネットワーク速度

自動(10M/100Mbps)自動(10M/100M/1Gbps)10Mbps半二重10Mbps全二重100Mbps半二重100Mbps全二重1Gbps全二重

時刻補正設定

NTP (Network Protocol Server) を使って、本機の日時を自動調整するための設定をします。

使用する使用しない

IPv6自動取得

するしない

NTPサーバー設定

ホスト名入力

半角253文字まで力できます。*1

IPv4アドレス入力

(0~255).(0~255).(0~255).(0~255)(初期値:0.0.0.0)

Ipv6アドレス入力

1-39 byte(初期値:0:0:0:0:0:0:0:0)

ポート番号

1~65535(初期値:123)

時刻補正実行

自動時刻補正

するしない

ポーリング間隔

1~240(時間)(初期値:24)

状態通知設定

紙づまりなど本機が警告を発生した時に指定したアドレスに通知するような設定をします。

通知先登録 - IPアドレス1IPアドレス5

使用する使用しない

ホストアドレス

ホスト名入力

半角253文字まで入力できます。*1

IPv4アドレス入力

(0~255).(0~255).(0~255).(0~255)(初期値:0.0.0.0)

Ipv6アドレス入力

1-39 byte(初期値:0:0:0:0:0:0:0:0)

ポート番号

1~65535(初期値:162)

コミュニティー名

public

半角15文字まで入力できます。

通知項目

ONOFF

サービスコール紙づまり発生トレイ紙補給トナー補給PMコールステープル針補給フィニッシャー積載オーバーパンチくず除去断裁くず除去糊補給断裁受け木交換廃棄トナーボックスフルステープル針くず除去バインド部材補給RIP前データ/フォーム/スキャン用HDD空き容量不足コピー/RIP済みデータ用HDD空き容量不足

通知先登録- E-mailアドレス1E-mailアドレス5

使用する使用しない

E-mailアドレス編集

半角256文字まで入力できます。

通知項目

ONOFF

サービスコール紙づまり発生トレイ紙補給トナー補給PMコールステープル針補給フィニッシャー積載オーバーパンチくず除去断裁くず除去糊補給断裁受け木交換廃棄トナーボックスフルステープル針くず除去バインド部材補給RIP前データ/フォーム/スキャン用HDD空き容量不足コピー/RIP済みデータ用HDD空き容量不足

ping応答確認

pingを使って、本機と通信する機器が正しく接続されているか確認します。

ping送信アドレス

ホスト名入力

半角253文字まで入力できます。*1

IPv4アドレス入力

(0~255).(0~255).(0~255).(0~255)(初期値:0.0.0.0)

Ipv6アドレス入力

1-39 byte(初期値:0:0:0:0:0:0:0:0)

接続確認実行

SLP設定

SLP (Service Location Protocol) を有効にし、TWAINドライバーを使ってネットワーク接続された本機を制御し、スキャナーとして使えるよう設定します。

有効無効

LPD設定

LPD (Line Printer Daemon) を有効にし、LPR (LPD) 印刷を使えるよう設定します。

有効無効

証明書検証設定

通信相手の証明書の信頼性を検証するか設定します。*2

使用する使用しない

SSL使用バージョン

使用するSSLのバージョンを設定します。*2

SSL3.0TLS1.0TLS1.1TLS1.2

AD認証LDAP over SSL

Active Directory認証の元、LDAPを使う際SSLを使うか設定します。

AD認証LDAP over SSL

有効無効

AD認証LDAP over SSL Port No.

1~65535(初期値:636)

ネットワーク設定クリア

本機のネットワーク設定を、工場出荷時の状態に戻します。

開始

*1:

ホスト名はピリオドを含めて253文字まで入力できます。

64文字以上入力する場合は、ピリオド(.)で区切る必要があります。

*2:

詳細な設定をする場合は、PageScope Web Connectionの管理者モードから設定できます(詳しくは、セキュリティタブの概要を参照)。