プレレジスト量調整

トレイ部のプレレジストループローラー部の用紙ループ量を調整します。用紙曲がり、しわ、レジスト部の紙づまりがあったときに調整します。

ペーパーフィーダーユニット PF-707m大容量給紙ユニット LU-202XLm、またはマルチ手差し給紙ユニット MB-508が装着されているときに、トレイ3トレイ11手差しを選択すると、用紙の坪量ごとに調整できます。   また、ペーパーフィーダーユニット PF-707mを2連接続や3連接続で装着しているときや、 ペーパーフィーダーユニット PF-707m大容量給紙ユニット LU-202XLmマルチ手差し給紙ユニット MB-508を装着しているときに、1連目連結部2連目連結部手差し連結部、またはトレイ6連結部を選択すると、用紙の坪量ごとに調整できます。

調整対象:トレイ1トレイ11手差しADU大サイズADU小サイズADU幅150 mm以下1連目連結部2連目連結部手差し連結部トレイ6連結部

調整対象:~105g/m2106~256g/m2257g/m2~封筒

調整範囲:(小さく)-99 ~ +99(大きく)(1ステップ=0.1 mm)

  1. 管理者設定メニュー画面を表示するの操作をして、管理者設定メニュー画面を表示します。

  2. 管理者設定メニュー画面の環境設定エキスパート調整プリンター調整プレレジスト量調整の順に押します。

    プレレジスト量調整画面が表示されます。

  3. 調整対象のボタンを押します。

  4. 印刷モードへを押します。

    印刷モード画面が表示されます。

  5. 調整したいトレイにA3 たてつうし 用紙をセットして、そのトレイを選択してから、操作パネルスタートを押します。

    テストパターンが出力されます。

  6. テストパターンを確認します。

  7. 調整が必要なときは、印刷モード終了を押して、プレレジスト量調整画面に戻ります。

  8. 画面のテンキーまたは操作パネルテンキーで設定値を入力します。

    • ほそく+/-で数値のプラス/マイナスを選択します。

    • ほそくセットを押して、現在値を変更します。

  9. 目的の結果が得られるまで、手順4 ~ 手順8を繰返します。

  10. 前画面を押して、プリンター調整メニュー画面に戻ります。