セキュリティー強化モード時のユーザー認証

ユーザー認証機能の強化について

セキュリティー強化設定がONになると、ユーザー認証に関する機能が下記のように強化されます。

  • 設定メニュー画面の管理者設定ユーザー認証/部門管理認証方式ユーザー認証が自動的に本体装置認証に設定されます。

  • ユーザーのデータ保護が必要な以下の機能を使用するときは、必ずユーザー認証が必要になります。

  • 主電源スイッチをOFFにしたとき

    副電源スイッチをOFFにしたとき

    操作パネルのIDを押したとき

    読込み中/出力中のジョブを中止するとき

    タッチパネル読出しコピースキャン、または保存タブを押したとき

    タッチパネルジョブリスト  タブ- 一時保存ジョブ機密ジョブを押したとき

    タッチパネルジョブリストタブ-出力予約ジョブでジョブを削除するとき

    オートリセット機能が動作したとき

  • ユーザー認証時に入力するユーザー名に対するパスワード(ユーザーパスワード)は、8~64文字の半角英数字(英字は大文字と小文字を区別)でなければ、使用できなくなります。8文字未満のユーザーパスワードを設定しているユーザー名を引続き使用する場合は、管理者がユーザーパスワードを8文字以上に変更する必要があります。

  • ユーザー認証時にユーザー名やユーザーパスワード(または部門名や部門名パスワード)の入力を間違えたとき、約5秒間再入力を受付けなくなります。

  • セキュリティー強化設定をONにすると、ICカードによるユーザー認証はできなくなります。

  • セキュリティー強化設定をONにすると、ユーザー設定画面の環境設定にある日時設定を使用できません。

ユーザーがHDD内のパスワードが設定されているファイルにアクセスすると、パスワードの認証操作はすべて監査ログとして保存されます。

最初はユーザー認証ができないようになっています。ユーザー認証を設定する場合、必要に応じて部門振分け数を変更する必要があります。詳しくは、ユーザー認証・部門管理についてをごらんください。

ユーザー登録の追加/変更/削除

セキュリティー強化モード時に必要となるユーザー名およびパスワードを登録します。また、登録したユーザー名およびパスワードを変更したり、削除したりできます。詳しくは、ユーザー登録をごらんください。

ユーザーによるパスワード変更

ユーザーは、ユーザー認証で必要なパスワードを変更できます。管理者がユーザー登録した後、ユーザーが自分自身のパスワードを再設定することをおすすめします。詳しくは、ユーザー設定:パスワード変更をごらんください。

参考
  • ユーザー認証を得ていない状態でユーザーパスワードを変更するとき、変更するユーザーパスワードに割当てられたユーザー名を入力する必要があります。