表裏差調整

  1. 機械状態画面の用紙設定を押します。

  2. オモテ調整をしたトレイを押します。

  3. 設定変更を押します。

  4. 表裏調整を押します。

  5. 表裏差を押してから印刷モードへを押します。

  6. 印刷モード画面が表示されたら、操作パネルスタートを押します。

    チャートが出力されます。チャートは、3枚程度出力してください。

  7. 印刷モード終了を押します。

  8. 2枚目と3枚目に出力されたチャートの[back]面(ウラ面)側にある[a]~[d]の各ポイントでウラ面画像のズレを測定します。

    目盛りの間隔は0.5mmです。

    図の黒い線はウラ面、青い破線は反対側の面(オモテ面)を示しています。

    0.1mm単位まで入力できます。

    たとえば、図のようにウラ面の黒い線が、オモテ面の青い破線よりプラス側に1.5mmズレているときは、ウラ面の黒い線をマイナス側に1.5mm移動させたいので、-1.5を入力して補正します。

    測定した数値は、忘れないようにメモしておいてください。

  9. 各ポイントのadを押して、画面のテンキーまたはダウンアップで測定した数値を入力します。

  10. 入力が完了したら、調整開始を押します。

    入力した調整値がウラ画面の倍率イメージシフトの値に反映されます。

  11. 操作パネルスタートを押します。

    チャートが出力されます。チャートは、3枚程度出力してください。

  12. 2枚目と3枚目に出力されたチャートで印刷位置のズレを確認します。

    表裏位置のズレがなくなるまで、手順10~手順13を繰返します。

  13. 印刷モード終了を押します。

  14. OKを押して、調整を終了します。

    新しい銘柄、坪量、サイズの用紙に対して表裏差調整を実施したときは、登録&OKを押して以降の手順を行ってください。