カラーコンフィグレーションについて

決まった用紙や設定で定期的に出力するジョブがある場合に、必要なプロファイルや各種設定をまとめてカラーコンフィグレーションとして登録できます。出力時には、登録したカラーコンフィグレーションを指定するだけで複雑なカラー設定が簡単にできます。

カラーコンフィグレーションは、次の 2つのステップで登録します。

  • プロファイルセットの登録

  • 1つの用紙種類に対して適用する全プロファイル(9種)をまとめて、プロファイルセットとして保存します。ウィザードに従って操作します。

  • カラーコンフィグレーションの登録

  • 特定のジョブ出力で使用するすべての用紙種類に対応するプロファイルセットと、その他のカラー設定情報をまとめてカラーコンフィグレーションとして登録します。

参考
  • Color Centroでは、各種カラー出力の設定をプロファイルとして作成・保存して、必要に応じて適用することができます

  • プロファイルセットとは、次の9種類のプロファイルをまとめたものです。
    RGBソースプロファイル、プリンタープロファイル、CMYKターゲットプロファイル、RGB-CMYKデバイスリンクプロファイル(イメージ、グラフィック、テキスト)、CMYK-CMYKデバイスリンクプロファイル(イメージ、グラフィック、テキスト)

カラーコンフィグレーションの意味と目的

出力頻度の高い定期ジョブの場合、ジョブの出力設定をカラーコンフィグレーションとして登録しておくと、ジョブ出力時にはカラーコンフィグレーションを指定するだけで、複雑な設定なしに適切なカラー設定を呼出せるようになります。

ジョブの出力時に各種項目を最初から設定する必要がなくなるため、時間を大幅に短縮でき、設定ミスの心配もなくなります。

・特定のジョブ出力で使用するすべての用紙種類に対応するプロファイルセットと、その他のカラー設定情報をまとめてカラーコンフィグレーションとして登録します。

ユーザーの嗜好などに合わせて、写真の色合いや階調の見え方を変えたいときにも役立ちます。

推奨実施タイミング

  • 出力頻度の高い定期ジョブで、カラー出力設定を効率化したいとき

想定環境

OS

Windows 7

アプリケーション

Color Centro 2.1

プリンタードライバー

PS Plug-inドライバー

イメージコントローラー

イメージコントローラー IC-605

測色器

i1Pro

用紙

塗工紙GL 128 g/m2 (A3、トレイ3にセット)

※前もってトレイ3に塗工紙GL:A3:128 g/mをセットして登録しておいてください。

※画面例は、お使いの環境、およびアプリケーションのバージョンやリビジョンなどによって、実際の表示と異なることがあります。

作業フロー

注意事項

  • 印刷時には、プリンタードライバーの色変換設定 - カラーコンフィグレーションでカラーコンフィグレーションを指定できます。プリンタードライバーの画面を開いた直後は、Color Centroでデフォルトに設定したカラーコンフィグレーションが設定されています。

  • カラーコンフィグレーションを使用しないときは、プリンタードライバーの色変換設定 - マニュアル設定で手動で設定してください。

  • 安定した色を再現するため、日常のキャリブレーションに加え、スクリーン変更時や用紙が異なる場合・色味が重要な場合など、必要に応じて、出力前の画質調整を実施してください。詳しくは、スクリーン変更時の調整フロー日常の調整フロー:標準、および日常の調整フロー:高精度をごらんください。