コントローラーキャリブレーションについて

キャリブレーションは、本機を使用する中で、日々変動する色再現性を補正するために必要な作業です。

キャリブレーションには、次の2種類の方法があります。

  • 出力紙濃度調整: 本体機能を使用した自動調整と手動調整

  • キャリブレーション: Color Centroを使用した手動調整

参考
  • いずれかの機能だけを使用できます。
    Color Centroを使用したキャリブレーションを行うには、出力紙濃度調整を無効にします。
    詳しくは、定期調整(自動調整)をごらんください。

ここでは、コントローラー機能を使用した手動調整について説明します。

コントローラーキャリブレーションの意味と目的

チャート上の CMYK各色の出力濃度を測色器で測定し、その結果をコントローラーにフィードバックします。このフィードバックを受けて、コントローラー内部では、前もって決められたターゲット濃度を基準にして出力濃度を自動で補正します。この補正により、基準とするターゲット濃度に近い出力ができるようになります。

推奨実施タイミング

  • 1000枚~2000枚出力ごと

  • 色などに注意を要する重要なJobの印刷前

想定環境

OS

Windows 7

アプリケーション

Color Centro 2.1

イメージコントローラー

イメージコントローラー IC-605

出力紙濃度調整

無効

測色器

i1Pro

用紙種類と厚さ

塗工紙GL 128 g/m2 (A3、トレイ1にセット)

※画面例は、お使いの環境、およびアプリケーションのバージョンやリビジョンなどによって、実際の表示と異なることがあります。

作業フロー

注意事項