出力紙濃度調整:用紙別カラーセンサー調整

用紙別カラーセンサー調整について

用紙に合わせた濃度調整値を測定して登録します。

※必要に応じて任意で実施してください。

インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501が装着されている場合は、自動で調整が行われます。
インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501が装着されていない場合は、外部測色器(i1Proi1Pro2およびi1iSisXLまたはFD-5 BTおよびFD-9)で、チャート測色が必要です。

またチャートの測定には、アプリケーションが必要です。アプリケーションはお使いの測色器によって異なります。i1Pro/i1Pro2及びi1iSisXLの場合は、X-rite Measure Toolを使用します。FD-5 BT及びFD-9の場合は、FD-S2wを使用します。前もってインストールしておいてください。

X-rite Measure Toolは、以下のサイトから無償でダウンロードできます。インストール後、コンピューターを再起動してください。

日本語版 ProfileMaker 5 v5.0.10

  • Windows: http://www.xrite.com/service-support/downloads/P/ProfileMaker_v5_0_10

  • Macintosh :https://xritephoto.com/ph_product_overview.aspx?ID=757&Action=Support&SoftwareID=931

測色器にi1iSisXLを使用する場合は、手順14(メニューからチャート選択)に続けて、測色器i1iSisXLの場合の手順で測定してください。

測色器でチャートを測定する

  1. 本体のタッチパネルで、機械状態画面の調整を押します。

    調整メニューが表示されます。

  2. 調整メニュー画面の画質調整を押します。

  3. 出力紙濃度調整を押します。

  4. エキスパート設定用紙別カラーセンサー調整を押します。

  5. 出力濃度調整値を登録する番号を選択して、印刷モードへを押します。

    • ほそく登録済みの番号を選択すると、調整値が上書きされます。

    • ほそくFD-9 QRコード
      i1iSisXL:なし
      FD-9:あり

  6. 用紙別カラー調整の登録名を入力して、OKを押します。

  7. 印刷モード画面で、画質調整を押します。

  8. スクリーン選択を押してスクリーンを選択します。選択後、閉じるを押します。

  9. 印刷モード画面でトレイを選択したあと、操作パネルスタートを押します。

    • ほそく排紙トレイを設定するには、印刷モード画面の右上にある出力設定を押します。

    測色器で測定するためのカラーチャートが出力されます。

    • ほそくFD-5 BTまたはFD-9を使用する場合は、FD-S2wを使用します。操作については、FD-S2w添付の取扱説明書をごらんください。

  10. X-rite Measure toolをインストールしたコンピューターでコンピューターを起動して、スタート - すべてのプログラム - X-Rite - ProfileMaker Pro 5.0.10 - MeasureToolの順に選択します。

    X-rite Measure toolが起動します。

    • ほそく以下では、日本語表示の画面例で説明します。メニューやメッセージなどを日本語で表示するには、Measure ToolのツールバーからLanguage - Japaneseを選択して、X-rite Measure toolを再起動してください。

  11. 次のメッセージが表示されたときは、OKをクリックします。

  12. 測色器をコンピューターに接続します。メニューからデバイス/ポートをクリックします。

    装置の設定画面が表示されます。

  13. 装置で、使用する測色器を選択します。OKと表示されたら、画面を閉じます。

    例:ここでは、Eye-One Proi1Pro)を選択しています。

  14. メニューからチャートをクリックします。

    • ほそく以降の操作は、測色器i1Proの場合について説明します。測色器i1iSisXLによる測定については、測色器i1iSisXLの場合をごらんください。

  15. テストチャートからカスタムを選択します。

  16. を指定して、OKをクリックします。

    チャートのサイズに合わせて指定します。

    • ほそく測色器i1Proで大サイズ(測定チャート3枚)の場合:=4、=11

    • ほそく測色器i1Proで中サイズ(測定チャート4枚)の場合:=4、=8

  17. スタートをクリックします。

  18. 次のメッセージが表示されたら、測色器をキャリブレーションドックに水平に置いて、OKをクリックします。

  19. チャートを印字した用紙と同じ種類の白紙を10枚重ね、その上に印字したチャートを重ねます。

    • ほそくテーブルの色の影響などを排除するため、測定するチャートの下にはチャートと同じ用紙を10枚ほど敷いてください。

  20. 次の画面が表示されたあと、左上の先頭のパッチに測色器を置いて、測色器のボタンを押します。読取ったパッチが画面に表示され、読み取り範囲を示す枠が、次の読み取り位置に移動します。

  21. 続けて、1つ右のパッチに測色器を置いて、測色器のボタンを押します。すべてのパッチを同様の操作で測定します。

    • ほそくすべてのパッチ行を同じようにスライドさせて測定します。

    • ほそく測定する位置(パッチ)を間違えた場合は、ボタンをクリックすると1つ前のパッチ位置に戻れます。

  22. チャート測定が終了したら、閉じるをクリックします。

    チャートの測定が終了するたびに、次のチャートの読込むようにメッセージが表示されます。1枚ごとに、測色値を保存してください。

    • ほそく続けて、測定データを保存するに進み、測定データを保存してください。

測色器i1iSisXLの場合

測色器にi1iSisXLを使用する場合は、手順14(メニューからチャート選択)に続けて、次の手順で測定してください。

  1. テストチャートから開くを選択します。

  2. 用紙サイズに合わせて、測定用のスクリプトデータを選択して開くをクリックします。

    スクリプトデータは、チャートサイズ、タイプ毎に固有のものがあります。詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

  3. 次の画面でスタートをクリックします。

  4. 次のメッセージが表示されたあと、i1iSisXLにチャートを挿入します。

    • ほそくチャートの左端と黒いダイヤマーク(◆)との間が10 mm程度になるように、チャートの左側をハサミなどで切ってください。

    • ほそくi1iSisXLの挿入口の左端に用紙の左端を合わせて、1枚ずつ自動で読み込ませてください。正しく挿入すると、チャートが数cm引き込まれてから少し戻り、しばらくすると読み込みを開始します。

    • ほそく黒ダイヤマークから1枚ずつ自動で読み込ませてください。

    自動で測定が開始されます。

測定データを保存する

測色器で測定した出力濃度のデータを、USBメモリーなどのUSBデバイス、または本機と同じネットワーク上のコンピューターに保存します。

  1. ファイルメニューから別名で保存を選択します。

    重要
    • LABの書き出しを使用すると、調整データを本機に登録する際にエラーが発生します。データを保存する際は、必ず別名で保存を使用してください。

  2. 保存先を指定します。

    USBメモリー、または本機とネットワークでつながっているコンピューターを指定します。

    保存先

    説明

    USBメモリー

    コンピューターにUSBメモリーを接続します。

    ・AccurioPress C3080の場合:

    USBメモリーのルート(直下)に¥C3080¥ADJUST_DATAフォルダーを作成して、保存先に指定します。

    ネットワーク上のコンピューター

    本機と同じネットワークに接続されているコンピューターを開いて、任意のフォルダーを指定します。

  3. 測定データの保存ファイル名を入力して保存をクリックします。

    • ほそくチャートに印字された4文字の識別番号を指定してください。

    例:0431.txt、0432.txt、0433.txt

    出力紙濃度調整の測定データが保存されます。

    同様の操作を繰り返して、すべての測定データを保存してください。

本機に調整値を登録する

USBメモリー、またはネットワーク上のコンピューターに保存した測定データ(用紙別出力紙濃度調整値)を本機に登録します。

測定データの保存場所

操作

USBメモリーに保存した測定データ

USBメモリーを接続して、本体の操作パネルから登録します。

USBメモリー内に保存した測定データを登録するを参照してください。

ネットワーク上のコンピューターに保存した測定データ

WebブラウザーからWeb Utilitiesで測定データを本体に送信(アップロード)して登録します。Web Utilitiesについて詳しくは、Web Utilities画面をごらんください。

ネットワーク上のコンピューターに保存した測定データを登録するをごらんください。

USBメモリー内に保存した測定データを登録する

  1. 本体のタッチパネルで、機械状態画面の調整を押します。

    調整メニューが表示されます。

  2. 調整メニュー画面の画質調整を押します。

  3. 出力紙濃度調整を押します。

  4. エキスパート設定用紙別カラーセンサー調整を押します。

  5. チャートの出力時に登録済みの番号を選択して、USBメモリーを押します。

    • ほそく登録済みの番号には、測色データ読込み待ち状態ですと表示されています。

  6. 次の画面が表示されます。測定データを保存したUSBメモリーを本体に接続したあと、OKを押します。

  7. 登録する測定データのファイル名を選択して、OKを押します。

    • ほそく測定したチャートに対応する複数のファイルがまとめて選択されます(ファイルは個別に選択できません)。

    出力濃度の調整値が本機に登録されます。

ネットワーク上のコンピューターに保存した測定データを登録する

  1. 測定データを保存したネットワーク上のコンピューターでWebブラウザーを開きます。

    • ほそく測定データを保存したコンピューターからWeb Utilitiesにログインすることをおすすめします。

  2. URL 欄にhttp:// 本機のIP アドレス(またはホスト名):30091を入力して、Enterキーを押します。

    • ほそくEFIのコントローラーを装着している場合は、IP アドレス末尾の:30091は不要です。

    Web Utilitiesのメインページが表示されます。

  3. 管理者設定をクリックします。

  4. ユーザー名パスワードを入力してOKをクリックします。

  5. 測色データWeb入力をクリックします。

  6. ファイル名ファイルパスを指定して、アップロードをクリックします。

    • ほそくファイル名(例:0131.txt)

    • ほそくファイルパス参照をクリックして、コンピューターに保存した測定データを選択します。

    同様の操作を繰り返して、すべての測定データをアップロードしてください。

  7. 本体のタッチパネルで、機械状態画面の調整を押したあと、調整メニュー画面の画質調整出力紙濃度調整を押します。

    USBメモリー内に保存した測定データを登録するの手順1~手順3の操作をごらんください。

  8. エキスパート設定用紙別カラーセンサー調整を押します。

  9. チャートの出力時に登録済みの番号を選択して、本体保存データを押します。

  10. 登録する測定データのファイル名を選択して、OKを押します。

    測定したチャートに対応する複数のファイルがまとめて選択されます(ファイルは個別に選択できません)。

    出力濃度の調整値が本機に登録されます。

登録した出力濃度調整値を本機に適用する

登録した用紙別の出力濃度調整値を本機に適用します。

  1. 本体のタッチパネルで、用紙設定を押します。

    用紙設定画面が表示されます。

  2. 出力濃度調整値を適用するトレイを選択して、設定変更を押します。

  3. 出力紙濃度調整を押します。

  4. 登録調整値を押します。

  5. 適用したい調整値を一覧から選択して、OKを押します。

    • ほそくFD-5 BTまたはFD-9を使用する場合は、FD-S2wを使用します。操作については、FD-S2w添付の取扱説明書をごらんください。