スポットカラーテーブルを保存する

ここでは、調整したスポットカラーを含むスポットカラーテーブルを保存する操作について説明します。

スポットカラーテーブルの保存は、スポットカラー画面で行います。

スポットカラーテーブルをイメージコントローラーに保存すると、イメージコントローラー内にスポットカラーテーブルが保存されます。保存したスポットカラーテーブルは、スポットカラーテーブルの優先順位に応じて、調整したスポットカラーを出力に適用できます。

スポットカラーテーブルをローカルマイ ドキュメント、またはネットワークに保存すると、スポットカラーテーブルは、スポットカラーテーブルプロファイル(拡張子:.sp3)として保存されます。

  1. スポットカラー画面で保存をクリックします。

    保存画面が表示されます。

  2. テーブル名にスポットカラーテーブルの名前を入力します。
    半角31文字まで入力できます。

    • ほそく同じ名前でテーブルの保存をする場合、
      ・新規テーブルの作成:別のテーブルとして保存されます。
      ・既存テーブルの編集:別のテーブルとして保存するか、上書きするかを選択できます。

    • ほそくツリービューを最新の情報に更新する場合は再表示をクリックします。

    • ほそくローカルフォルダーに保存するときは、新規フォルダーをクリックすると、保存先のフォルダーを新たに追加できます。

  3. 保存先のツリービューから、保存先を選択します。

    選択に応じて、一覧が表示されます。

    • ほそくツリービューでコントローラーが選択されているときは、出荷時に登録されたスポットカラーテーブル名の後にはが表示されます。また、出荷時に登録されたスポットカラーテーブルは赤色で表示されます。

  4. 必要に応じて、メモに説明文を入力します。

  5. 保存をクリックします。

    コントローラーを保存先としたときは、イメージコントローラー内にスポットカラーテーブルが保存されます。

    ローカルマイ ドキュメント、またはネットワークを保存先としたときは、スポットカラーテーブルプロファイル(拡張子:.sp3)が保存されます。

    • ほそく新しくイメージコントローラーに保存したスポットカラーテーブルは、同じPrefixのスポットカラーテーブル内(グループ)では、最高位の優先度となります。イメージコントローラー内のスポットカラーテーブルの優先度を変更するときは、優先度を変更するに進みます。