G7キャリブレーションを行う

ここでは、G7キャリブレーションによるキャリブレーションの方法について説明します。

  1. キャリブレーションマネージャー画面でG7キャリブレーション実行をクリックします。

    • ほそく画面にG7キャリブレーション実行が表示されていないときはG7キャリブレーションを開くをクリックして表示します。

    • ほそく通常のキャリブレーションを行ってから1日以上経過しているとき、通常のキャリブレーションの実行をすすめるダイアログが表示されます。
       はいを押すとG7キャリブレーションの実行画面が表示されます。
       いいえを押すとキャリブレーションマネージャー画面に戻ります。キャリブレーション実行を押して通常のキャリブレーションを行います。

    G7キャリブレーションの実行画面が表示されます。

  2. 印刷をクリックします。

    チャート印刷画面が表示されます。

  3. 部数給紙トレイを設定します。

    • ほそく部数は、1 ~ 99までの数値が設定できます。

    • ほそくガンマ自動調整を行うには、チェックボックスを選択します。

  4. 印刷をクリックします。

    チャート印刷が実行されます。印刷が終わると、G7キャリブレーションの実行画面に戻ります。

  5. 測色器をコンピューターに接続して、開始をクリックします。

  6. 測定器のキャリブレーション画面でOKをクリックしメッセージに従って操作します。

  7. 測定開始画面でOKをクリックしメッセージに従って操作します。

    測定が開始されます。

    測定終了後、一覧に測定結果が表示され、プレビュー表示上にパッチがカラー表示されます。

    • ほそく測色器に応じた操作に関する画面が表示されます。画面の指示に従って操作します。

    • ほそく測定するラインを間違えると、警告メッセージが表示されます。正しいラインで測定しなおすか、そのまま次のラインに進むかを選択できます。

    • ほそく測定を中止するときは、停止をクリックします。

    • ほそく測定データの取得が完了すると、OKが使用可能になります。

    • ほそく測定前のパッチはグレーで表示されますが、測定後のパッチはカラーで表示されます。

    • ほそく測定結果の一覧には、各パッチの値が表示されます。

    • ほそくプレビュー表示上のカラーパッチをクリックすると、測定結果の一覧で該当する行が選択されます。また、測定結果の一覧で行を選択すると、該当するカラーパッチがプレビュー表示上で選択されます。

    • ほそく必要に応じて、またはをクリックして、測定結果をローカルに保存したり、保存してあった測定結果を読込んだりできます。

  8. 登録をクリックします。

    登録完了のダイアログが表示されます。

  9. OKをクリックします。