本体外部(AccurioPress C3080P)

番号

名称

説明

1

副電源スイッチ

本体の電源をON/OFFします。

2

サービスポート(USB 2.0 Type A 3)

外付け記憶媒体(USBメモリー)、キーボード、マウスなどを接続するときに使用します。

この接続ポートはローパワーデバイスだけに対応しています。大きな電源容量を必要とするデバイスは、外部から電源を供給してください。

3

タッチパネル

機械状態画面などの画面を表示して、各操作・設定をします。また、操作のしかたやトラブルの処理方法を表示します。

4

操作パネル

各操作および設定時に押します。

5

トナー補給扉

トナーボトルを交換するとき、開いて処理します。

6

トナー補給扉取手

トナー補給扉を開くとき、持って右側に引きます。

7

トレイ1

用紙を500枚(80 g/m2)収納します。

8

トレイ2

用紙を1000枚(80 g/m2)収納します。

9

本体前扉取手

本体前扉を開くとき、持って左側に開きます。

10

本体前扉

紙づまりや主電源スイッチをON/OFFするとき、開けて処理します。

11

ワーキングテーブル WT-511(オプション)

出力した用紙などを一時的に置くことができます。

12

マルチ手差し給紙ユニット MB-506(オプション)

本体トレイにセットされていない用紙に印刷するとき、開いてセットします。250枚(80 g/m2)収納します。

13

本体右扉

紙づまりのとき、右に開いて処理します。

14

廃棄トナーボックス交換扉

廃棄トナーボックスを交換するとき、開いて処理します。

15

排紙トレイ OT-511(オプション)

出力した用紙を仕分け処理なしで排紙します。

16

本体電源コード

本体に電源を供給します。

17

インテリジェントクオリティオプティマイザー接続ポート

インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501のケーブルを接続するときに使用します。(ビデオインターフェイスキット VI-512装着時のみ)

18

ビデオインターフェイスキット接続ポート

ビデオインターフェイスキット VI-509(オプション)を装着するときに使用します。

イメージコントローラー IC-313と本機をケーブルを使って接続する場合、ビデオインターフェイスキット VI-509(オプション)が必要です。

19

サービスポート(USB 3.0/2.0 TypeA×1)

外付け記憶媒体(USBメモリー、USB-HDD)、キーボード、マウスなどを接続するときに使用します。

この接続ポートはローパワーデバイスだけに対応しています。大きな電源容量を必要とするデバイスは、外部から電源を供給してください。

20

サービスポート(USB 2.0 Type B 1)

本機とコンピューターをUSBケーブルで接続して、ローカルプリンターとして使用します。

21

ネットワーク用ポート(10Base-T、100Base-TX、1000Base-T)

イーサネットケーブルを接続して本機を操作したり、ネットワークプリンターとして使用したりします。

22

防塵フィルター

機内冷却用ファンの防塵フィルターが取付けられて、ほこりの侵入を防ぎます。

23

ロック解除レバー

紙づまりのとき、奥に押してから下に開いて処理します。

ロック解除レバーへは、左側のオプション内よりアクセスします。