コピー画面

コピー画面は、コピーするときに表示します。コピー条件の設定、実行、および動作中のコピー予約をします。

番号

名称

説明

1

原稿設定

原稿設定画面を表示して、コピーする原稿の条件を設定するときに押します。原稿設定画面で設定する機能のうち、原稿セット方向は、原稿セット方向下のボタンでも選択できます。原稿設定下に下記の表示をします。
原稿セット方向で選択したセット方向をアイコンで表示します。
原稿画質で選択した機能をアイコンで表示します。
特殊原稿で選択した機能を文字で表示します。
厚さ薄紙を選択したとき、アイコン表示します。
原稿サイズ不定形サイズまたはインデックス紙サイズを選択したとき、選択したサイズを表示します 。
ADFでの原稿読取り時に、スリットガラスのごみ除去を行う機能を設定できます。詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

2

画質調整

画質調整画面を表示して、出力画質を調整するときに押します。画質調整下にマニュアル調整した画質調整項目を最大3つまで表示します。画質調整下によく使用する画質調整機能のショートカットキーを最大4つまで表示できます。ショートカットキーの他、濃度設定を表示することもできます。詳しくは、ショートカットキー登録をごらんください。

3

自動倍率

自動倍率がONのときに、反転します。また、自動倍率の機能を使用するときに、押します。

4

倍率設定

倍率設定画面を表示して、等倍自動倍率タテ/ヨコ ズーム拡大縮小登録倍率を設定することができます。登録倍率、等倍自動倍率の選択は、コピー画面の倍率設定下のボタンでもできます。

5

倍率設定ボタン

またはキーを押して、タテ/ヨコズームの倍率を設定します。等倍を押して、等倍(100%)を選択します。登録倍率が表示されているボタンを押して、登録倍率を選択します。

6

コピータブ

コピー画面を表示して、コピー操作をするときに押します。

7

設定部数表示

操作パネルテンキーで入力した設定部数を表示します。

8

片面/両面選択部

原稿とコピーの片面、両面の組合わせを選択します。
両面ボタンは原稿をセットしないと表示されないことがあります。

9

応用設定

応用設定画面を表示して、応用機能を設定するときに押します。応用設定下のアイコン表示部に設定した応用機能を最大6つまでアイコン表示します。設定された応用機能はショートカットキーとして最大4つまで表示されます。

10

出力設定

出力設定画面を表示して、両面とじ方向排紙面/排紙順の選択をしたり、後処理を設定したりするときに押します。出力設定下に設定した出力機能をアイコン表示します。出力設定下によく使用する出力機能のショートカットキーを最大4つまで表示できます。

11

Webブラウザー

タッチパネルにブラウザーを表示します。インターネットに接続されていれば、外部のwebページが閲覧できます。

12

報知音/音声 ON/OFF

スピーカー音を一時的にOFFにするときに押します。

設定メニューユーザー設定 - 環境設定操作/報知音設定 - 音量設定スピーカー音ONの場合にだけ有効です。

13

ヘルプ

表示されている画面のヘルプメッセージを表示するときに押します。画面によっては、ヘルプキーがグレーアウトして選択できないことがあります。機械状態画面を表示しているときに押すと、トナー補給、廃棄トナーボックスの交換、とじ針の補給、パンチくず処理、針くず処理、断裁くず処理、くるみ糊補給、用紙補給、加湿用タンク給水の各方法を表示します。

14

出力情報表示部

上部には出力中の出力部数と設定部数、下部には出力中のジョブ番号とユーザー認証でユーザー名を入力した場合はそのユーザー名、部門認証で部門名を入力した場合はその部門名を表示します。

15

機械管理情報表示部

原稿カウントと予約ジョブ数を数で、メモリー残量とファイルシステム残量を%で表示します。
メモリー残量はGBで表示することも可能です。

16

用紙設定

本体トレイペーパーフィーダーユニット PF-602mペーパーフィーダーユニット PF-707mマルチ手差し給紙ユニット MB-506マルチ手差し給紙ユニット MB-508大容量給紙ユニット LU-202m大容量給紙ユニット LU-202XL大容量給紙ユニット LU-202XLm長尺トレイユニット MK-740長尺排紙強化ユニット MK-740mポストインサーター PI-502上段トレイ下段トレイ折り機 FD-503ポストインサーター上段トレイ下段トレイくるみ製本機 PB-503表紙トレイの各トレイの各トレイの⽤紙条件を設定するときに押します。

17

トレイ情報表示部

本体トレイペーパーフィーダーユニット PF-602mペーパーフィーダーユニット PF-707mマルチ手差し給紙ユニット MB-506マルチ手差し給紙ユニット MB-508大容量給紙ユニット LU-202m大容量給紙ユニット LU-202XL大容量給紙ユニット LU-202XLm長尺トレイユニット MK-740長尺排紙強化ユニット MK-740mに設定した用紙サイズ、セット方向、用紙名称、坪量、用紙残量、紙の色、パンチ穴の有無、表裏調整の有無を表示します。

18

自動画像回転禁止

自動画像回転機能をON/OFFするときに押します。

19

自動用紙

自動用紙機能が働いているとき反転します。また、自動用紙機能を使用するときに押します。

20

ショートカットキー

最大6つのコピープログラムのショートカットキーを表示します。

21

機械状態表示右

定着(封筒)USBメモリーY-トナー補給M-トナー補給C-トナー補給K-トナー補給定期点検ガラス清掃資材転写トルク非圧縮セキュリティーモデム異常ORU-M高カバレッジが表示されます。4つまではすべて大きく表示されますが、5つ以上になると4つ目からは文字表示がない小アイコン表示に変わります。最大表示個数は、通常アイコン3つと小アイコン4つの合計7つです。

22

機械状態表示左

現在の時刻、イメージコントローラーの状態を表示します。

23

保存設定

コピーするジョブを一時保存したりHDD保存したりするときに押します。

24

カラー設定キー

カラーモードの選択をするときに、モノカラーブラックフルカラーオートカラーのいずれか1つを押します。

25

原稿セット方向キー

ADF原稿ガラスにセットした原稿のセット方向を選択します。

26

連続読込み

コピー原稿を読込んだ画像情報を、メモリー内に一時保存するときに押します。複数回に分けて読込んだ原稿を、最後にまとめて印刷するときに使います。

27

メッセージ表示部

機械の状態や、そのときにしなければならない操作を表示します。