履歴リスト

履歴リスト画面

履歴リスト画面はAccurioPro Print Manager画面で、アクティブジョブリストからボタンで切り替えて表示します。履歴はCSV形式でファイル保存できます(管理者だけ実行できます)。

表示される項目はジョブの種類によって異なります。

ジョブの種類

プリント

コピー

スキャン

印刷時

保存時

印刷時

保存時

ジョブ番号

ユーザー名

ファイル名

実行結果

ページ数

印刷済みページ数

印刷済みモノクロページ数

印刷済みカラーページ数

印刷済み部数

ジョブ受付日時

RIP 開始日時

RIP 終了日時

印刷開始日時

印刷終了日時

用紙サイズ

用紙種類

ジョブ管理からの一時保存ジョブ、一時保存ジョブ(RIPなし)、機密ジョブ、HDDジョブの印刷ではRIP 開始日時RIP 終了日時は表示されません。

機密ジョブの場合は、ファイル名が*で表示されます。

履歴リストでは、RIPしたページだけをページ数として表示します。RIPなしジョブや、挿入した白紙や印字なしのインデックス紙はRIPしないため、ページ数にカウントされません。

列の表示幅を調整するには、ヘッダー項目上の項目間の境界線上をダブルクリックするか、境界線をクリックした状態でドラッグします。項目名の文字列と一覧内の文字列の長い方に合わせて、列の表示幅が自動調整されます。調整した表示幅は、接続先プリンターごとに記憶され、再起動後も保持されます。

項目でソートするには、その列のヘッダーをクリックします。クリックするたびに、昇順と降順が切替わります。

ヘッダー項目上での右クリックから、項目の表示/非表示を設定できます。詳しくは、リスト項目の設定をごらんください。

参照
参考
  • 設定メニューの簡単セキュリティー設定で、パスワード規約設定有効になっている場合にエラーとなり保存されずに終了したジョブ(規約違反になるパスワードが設定されたジョブ)は、実行結果がキャンセルと表示されます。

履歴のダウンロード

管理者は履歴をダウンロードできます。

  1. 設定履歴リストのダウンロードをクリックします。

    管理者パスワード画面が表示されます。

  2. パスワードを入力してOKをクリックします。

    履歴リストダウンロード範囲指定画面が表示されます。

  3. ダウンロードする履歴のレコードをジョブ受付日時の開始と終了で範囲指定してからOKをクリックします。

  4. 保存先を選択し、ファイル名を入力してから保存をクリックします。

    • ほそくお使いのブラウザーによって表示画面が異なります。ここでは、Google Chromeを使用した例で説明しています。