画像診断の概要

インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501を装着している機械は、画像診断で画像上のスジやスポット(ホタル(白ヌケ、色ヌケ)、黒、白の斑点や裏汚れ)などの発生を診断することができます。診断結果を確認したあとに各種調整をすることで、画像品質の安定性を向上させることができます。
画像診断は、以下の2種類があります。

  • 簡易診断

  • 機械から横帯チャートと縦帯チャートを出力し、インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501簡易診断をします。

  • 詳細診断

  • 機械から詳細診断項目のチャートを出力し、インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501詳細診断をしたあと、異常画像が発生した場合は調整を行います。

参考
  • インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501を装着していない機械では、画像診断は表示されません。また、画像診断は、初期状態では表示されません。設定する場合は、サービス実施店にお問い合わせください。

簡易診断のチャートの種類と出力枚数

チャートの種類

枚数

横帯チャート

1枚

縦帯チャート

1枚

 詳細診断の診断・チャートの種類と出力枚数

縦スジ診断の詳細*1

全面チャート(両面)の種類と出力枚数

ハーフトーン

ベタ

白紙

Y

M

C

K

Y

M

C

K

Y

M

C

K

共通縦スジ診断

1枚

1枚

1枚

1枚

単色縦スジ診断

1枚

1枚

1枚

1枚

*1:簡易診断で異常を検知した際に、詳細診断を実施する時にだけ出力します。

横スジ診断の詳細

全面チャート(片面)の種類と出力枚数

ハーフトーン

Y

M

C

K

横スジ診断

6枚

6枚

6枚

6枚

スポット診断の詳細

全面チャート(片面)の種類と出力枚数

全面チャート(両面)の種類と出力枚数

ハーフトーン

白紙

ハーフトーン

Y

M

C

K

M

スポット診断

6枚

6枚

6枚

6枚

6枚

スポット診断1*1

6枚

6枚

6枚

6枚

スポット診断2*2

1枚

*1:1次転写出力調整を行い診断します。

*2:2次転写出力調整を行い診断します。

参考
  • 自動選択を行うには、カスタムスクリーンスクリーン1またはスクリーン2の設定をDot190に設定します。カスタムスクリーンの設定について詳しくは、カスタムスクリーンをごらんください。

  • 画像診断で診断する際、画像の異常検出レベルを変更することができます。詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

  • 画像診断は、毎日本体の電源を入れたあとに、1回は行うことをおすすめします。

  • 画像の解析と診断が完了すると診断解析データ診断スキャン画像データが生成されます。設定で許可した場合、生成された診断結果はログとしてサービス実施店に送信されます。ログ送信について詳しくは、異常画像送信許可設定またはサービス実施店にお問い合わせください。

  • 各診断チャートで出力した枚数は、プリントカウントします。