最高濃度自動調整

最高濃度自動調整は

  • インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501ありの場合は、インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501で自動調整されます。

  • インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501なしの場合は、中継搬送ユニット RU-518で調整を行います。

ここでは、インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501なしで、中継搬送ユニット RU-518で調整を行う場合について説明します。

印刷したチャートを中継搬送ユニット RU-518に取りつけられた出力紙濃度センサーでスキャンすることで、Y/M/C/K色ごとの最高濃度を自動調整します。

重要
  • 目標濃度を登録するときに使用した用紙を使って、最高濃度自動調整を行ってください。登録されていない用紙を使用すると、正しく調整できません。

  • 登録されている用紙以外で自動調整を実施したい場合は、再度、目標濃度を登録する必要があります。詳細は、サービス実施店にお問い合わせください。

  • 本調整を実行した場合、イメージコントローラーでのキャリブレーションを行う必要があります。

  • 最高濃度変更後は、必ず出力紙濃度手動調整を行ってください。

参考
  • 最高濃度自動調整を行うと、自動調整に使用したトレイの用紙プロファイルは、目標濃度を登録したときの用紙プロファイルに切替り、調整前の用紙プロファイルに戻りません。サービスエンジニアの設定により、本調整を行った後、調整前の用紙プロファイルに自動で戻るように設定できます。詳細は、サービス実施店にお問い合わせください。

  • インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501が装着されている場合は、最高濃度自動調整インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501が装着されていない場合は、最高濃度自動調整(RU)と表示されます。

  • インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501なし、中継搬送ユニット RU-518なしの場合、本調整は表示されません。

  1. 機械状態画面の調整を押して、調整メニュー画面を表示します。

  2. 画質調整最高濃度自動調整(RU)の順に押します。

  3. 印刷モードへを押します。

  4. 目標濃度を登録するときに使用した用紙をトレイにセットします。

    トレイの用紙プロファイルは、目標濃度を登録したときの用紙プロファイルに自動で切替ります。

  5. 用紙をセットしたトレイを選択してから、OKを押します。

  6. 操作パネルスタートを押します。

    スクリーン1(Dot190推奨)を適用したチャートが出力されます。

    チャートは、測色されてから、排紙トレイに排紙されます。

    • ほそくすべてのチャートの出力が完了するまで、調整を途中でストップすることはできません。

  7. 調整が完了すると自動で最高濃度自動調整画面に戻ります。

    測定結果が調整後濃度に表示されます。

    自動調整された結果は、現在値に表示されます。この値は、最高濃度調整に反映されます。

    • ほそく測定履歴を押すと、過去の測定結果(最大30件)を確認できます。

    • ほそく最高濃度測定履歴画面で表示切替えを押すと、表示項目を切替えられます(表示1:測定日時と各色の測定値、表示2:用紙種類と各色の測定値)。

  8. 前画面を押して、画質調整メニュー画面に戻ります。

    トレイの用紙プロファイルは、目標濃度を登録したときの用紙プロファイルのままとなりますので、ご注意ください。

    • ほそく自動調整の結果を確認後、微修正を行いたい場合は、前項の最高濃度調整で手動調整を行ってください。