ホーム ジョブの保存と編集ジョブの一時保存とHDD保存

ジョブの一時保存とHDD保存

本機でスキャンしたジョブ([コピー]画面や[保存]画面でスキャンしたジョブ)、コンピューターからの印刷ジョブを、一時保存ジョブやHDD保存ジョブとして保存できます。

一時保存ジョブは、印刷したり、ジョブチケットやページを編集したり、複製したりできます。また、HDD保存ジョブとして 保存することもできます。

HDD保存ジョブは、印刷したり、ネットワーク上のコンピューターへ送信したりできます。また、一時保存ジョブとして読出すこともできます。

さらに、フォルダーやボックスでHDD保存ジョブを管理できます。

ジョブの一時保存とHDD保存の比較

  • 一時保存

  • 一時保存のしかた
    [コピー]画面や[保存]画面からスキャンしたジョブを一時保存する
    印刷ジョブを一時保存する
    [出力予約ジョブ]画面の待機中ジョブを一時保存する
    [読出し]画面のHDD保存ジョブを、一時保存ジョブとして読出す

    [一時保存ジョブ]画面でできること
    出力([通常][プルーフ][プルーフ(先頭1枚)][ウエイト]
    編集([ジョブチケット編集][ページ編集][結合]
    複製
    削除
    HDD保存

    最大500ジョブまで保存できます。

    本機の電源をOFFにしても、一時保存したジョブは保持されます。

  • HDD保存

  • HDD保存のしかた
    [コピー]画面や[保存]画面からスキャンしたジョブをHDD保存する
    印刷ジョブをHDD保存する
    [一時保存ジョブ]画面の一時保存ジョブを、HDD保存する

    [読出し]画面でできること
    印刷([通常][プルーフ][プルーフ(先頭1枚)][ウエイト]
    一時保存への読出し
    削除
    ネットワーク上のコンピューターへの送信(FTP/SMB/WebDAV)

    HDD保存ジョブの保存場所
    第1階層(ルートディレクトリー):
    最上位の保存場所。ルートディレクトリーには、最大100のジョブを保存できます。工場出荷時に1つのPublicフォルダーが作成されています。さらに、最大1,000のフォルダーを作成できます。
    第2階層(フォルダー):
    1つのフォルダーには、最大100のジョブを保存でき、最大1,000のボックスを作成できます。
    第3階層(ボックス):
    1つのボックスには、最大1,000のジョブを保存できます。