目的から探す
ホーム 目的から探す 原稿の読込みや出力に関する動作を設定したい

目的から探す

原稿の読込みや出力に関する動作を設定したい

どなたでも変更できる設定

[用紙]で[自動]を選んだ場合に、自動選択の対象とする給紙トレイを指定するには([給紙トレイ自動選択])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [給紙トレイ設定]
          • [給紙トレイ自動選択]

[用紙]で[自動]を選んだ場合に、自動選択の対象とする給紙トレイを選びます。また、使用する給紙トレイの優先順位を設定します。

設定

説明

[自動選択トレイ]

[用紙]で[自動]を選んだ場合に、自動選択の対象とする給紙トレイを選びます。対象とするトレイの中から、最適な用紙がセットされたトレイを自動的に使います。

普通紙と片面専用用紙がセットされているトレイが選択の対象となります。

初期値は装着しているオプションによって異なります。

[トレイの優先順]

[自動選択トレイ]で選んだトレイの中で、給紙する優先順位を設定します。

同じサイズの用紙を複数のトレイにセットしている場合は、優先順位の高いトレイから給紙します。

初期値は装着しているオプションによって異なります。

[自動用紙選択設定]

[用紙]で[自動]を選んだ場合に、[薄紙]、[ユーザー紙1]、[ユーザー紙2]がセットされているトレイも選択の対象とすることができます。自動選択の対象とする用紙を選び、優先順位を設定します。

ユーザー紙について詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

指定した給紙トレイの用紙がなくなったときに、他のトレイからの給紙を許可するには([ATS許可])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [給紙トレイ設定]
          • [ATS許可]

給紙トレイを指定して印刷する場合に、指定したトレイの用紙がなくなったとき、同じサイズの用紙がセットされている給紙トレイへの自動切換え(ATS:オートトレイスイッチ)を許可するかどうかを選びます。

初期値は[許可しない]です。

指定した用紙が給紙トレイになかった場合の動作を設定するには([指定給紙トレイ不一致動作])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [給紙トレイ設定]
          • [指定給紙トレイ不一致動作]

指定した給紙トレイに該当する用紙がない場合の動作を選びます。

設定

説明

[指定給紙トレイ固定]

指定した給紙トレイに該当する用紙がない場合、印刷を停止します。

指定した給紙トレイに用紙をセットするか、他の給紙トレイに手動で切換えることで印刷します。

初期値は[指定給紙トレイ固定]です。

[指定給紙トレイ優先]

指定した給紙トレイに該当する用紙がない場合、同じサイズの用紙がセットされた給紙トレイに切換えて印刷します。

レポートやリストを印刷するときの給紙トレイや印刷方法の初期値を変更するには([リスト印刷出力設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [給紙トレイ設定]
          • [リスト印刷出力設定]

レポートやセールスカウンターなどを印刷するときに使用する給紙トレイと、印刷方法(片面/両面)の初期値を設定します。

実際に印刷するときに、設定を一時的に変更できます。

初期値は以下のとおりです。

  • [給紙トレイ]:[トレイ1]

  • [片面/両面]:[片面]

ポストインサーターの給紙トレイにセットする用紙の種類とサイズを設定するには([ポストインサーター設定])(bizhub C554のみ)

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [給紙トレイ設定]
          • [ポストインサーター設定]

ポストインサーターを使う場合に、給紙トレイにセットする用紙の種類とサイズを設定します。

設定

説明

[給紙トレイ]

用紙種類と用紙サイズの設定を変更する給紙トレイを選びます。トレイごとに設定を変更できます。

[用紙種類]

[給紙トレイ]で選んだトレイにセットする用紙の種類を選びます。

初期値は[普通紙]です。

[用紙サイズ]

[給紙トレイ]で選んだトレイにセットする用紙のサイズを選びます。

初期値は[自動検出]です。

  • bizhub C554フィニッシャー FS-535ポストインサーターを装着している場合に設定できます。

[オートカラー]のカラーと白黒の判定レベルを調整するには([オートカラーレベル調整])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [オートカラーレベル調整]

カラーモードを[オートカラー]に設定して原稿を読込むとき、カラー原稿か白黒原稿かを判別する基準を調整します。

[ブラックより]または[フルカラーより]をタップして、5段階で調整します。

初期値は[3]です。

原稿サイズを検知できない小サイズの原稿のコピーを許可するには([小サイズ原稿])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [小サイズ原稿]

原稿サイズを自動で検知できない、小さな原稿を原稿ガラスにセットする場合に、コピーするかどうかを設定します。コピーする場合は、用紙サイズを選びます。

設定

説明

[小サイズでコピー可]

A5サイズの用紙に印刷します。A5サイズの用紙がセットされていない場合は、手差しトレイにA5サイズの用紙をセットしてください。

[A4でコピー可]

A4サイズの用紙に印刷します。

[コピー不可]

原稿サイズが検出できないことをメッセージで表示します。用紙サイズを決めず、任意の用紙に印刷したい場合に選びます。

初期値は[コピー不可]です。

白紙の原稿を除去して読込むときの、白紙検出の度合いを調整するには([白紙検出レベル調整])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [白紙検出レベル調整]

[原稿設定]で[白紙原稿除去]を設定したときに、白紙ページを検出する度合いを調整します。

[検出しない]または[検出する]をタップして、5段階で調整します。

初期値は[0]です。

原稿ガラスから原稿を読込むときに、常に[連続読込み]を有効にするには([原稿ガラス常時連続読込み])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [環境設定]
        • [原稿ガラス常時連続読込み]

原稿ガラスから原稿を読込むとき、[連続読込み]を設定しなくても常に連続読込みをするかどうかを選びます。

初期値は[しない]です。

管理者だけが変更できる設定

プリント/ファクスのデータを受信したときに、印刷を開始するタイミングを変更するには(「受信印刷出力設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [出力設定]
          • [受信印刷出力設定]

プリント/ファクスの受信データの印刷を開始するタイミングを選びます。

設定

説明

[プリンター]

プリントの受信データの印刷を開始するタイミングを選びます。

  • [一括印刷]:すべてのページを受信してから印刷を開始します。

  • [同時印刷]:最初のページを受信すると同時に印刷を開始します。

初期値は[同時印刷]です。

[ファクス]

ファクスの受信データの印刷を開始するタイミングを選びます。

  • [一括印刷]:すべてのページを受信してから印刷を開始します。

  • [同時印刷]:最初のページを受信すると同時に印刷を開始します。

インターネットファクスは、常に一括印刷となります。

初期値は[一括印刷]です。

印刷した用紙を排紙するときに、優先して排紙するトレイを指定するには([排紙トレイ設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [出力設定]
          • [排紙トレイ設定]

コピー、プリント、ファクス、レポート印刷で用紙を排紙するときに、優先して排紙するトレイを選びます。

初期値は装着しているオプションによって異なります。

  • フィニッシャー FS-534フィニッシャー FS-535、またはセパレーター JS-506を装着している場合に設定できます。

印刷した用紙をジョブごとに仕分けして排紙するかどうかを設定するには([ジョブごとの仕分け設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [出力設定]
          • [ジョブごとの仕分け設定]

用紙をジョブごとに仕分け(シフト)して排紙するかどうかを選びます。

初期値は[する]です。

  • フィニッシャー、またはセパレーター JS-506を装着している場合に設定できます。

原稿サイズの検知やFoolscapの用紙サイズを調整するには([サイズ設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [サイズ設定]

原稿ガラスでの原稿サイズの検知能力や、Foolscapの用紙サイズに関する設定をします。

詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

カバーシート、インターシート機能によって挿入する白紙ページに、スタンプを印字するかどうかを設定するには([白紙ページ印字設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [白紙ページ印字設定]

カバーシートやインターシート機能によって挿入する白紙ページに、日時やスタンプなどを印字するかどうかを選びます。

初期値は[印字しない]です。

  • [印字する]に設定しても、章分け機能で指定ページが表面になるように挿入される白紙ページには印字できません。

印刷の優先順位や、すぐ印刷できないときのジョブ飛び越し動作を設定するには([ジョブ優先動作設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [ジョブ優先動作設定]

印刷の優先順位の指定や、すぐに印刷できないときにジョブ飛越しをするかどうかを選びます。

設定

説明

[ファクス受信ジョブ優先]

コピーやプリント中にファクスを受信した場合、ファクスを優先して印刷するかどうかを選びます。

初期値は[しない]です。

[ジョブ飛越し(ファクス)]

用紙がないなどの理由で印刷が停止した場合、次のジョブが受信したファクスの印刷である場合に限り、先に処理するかどうかを選びます。

初期値は[する]です。

[ジョブ飛越し(ファクス以外)]

用紙がないなどの理由で印刷が停止した場合、次のジョブが受信したファクスの印刷以外である場合に限り、先に処理するかどうかを選びます。

初期値は[する]です。

手差しトレイにセットする用紙種類の初期値を設定するには([手差し用紙種類初期設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [手差し用紙種類初期設定]

手差しトレイで使う用紙種類の初期値を設定します。手差しトレイに用紙をセットすると、初期値として選んだ用紙種類を自動で設定します。

設定

説明

[する]/[しない]

手差しトレイで使う用紙種類の初期値を設定するかどうかを選びます。

初期値は[する]です。

[用紙種類]

初期値とする用紙種類を選びます。

[両面2面目]は、片面に印刷された用紙をセットするときに選びます。

初期値は[普通紙]です。

ページ番号を印字して両面印刷する場合に、表面と裏面のページ番号の印字位置を設定するには([ページ印字位置設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [ページ印字位置設定]

両面印刷や小冊子と、ページ番号を同時に設定して印刷するときに、表面のページ番号の印字位置に対して、裏面のどの位置に印字するかを選びます。

設定

説明

[左右とじ:同位置 上下とじ:同位置]

とじ位置に関係なく、すべてのページでユーザーが設定した位置に印字します。

たとえば、右下に設定した場合は、すべてのページで右下に印字します。

初期値は[左右とじ:同位置 上下とじ:同位置]です。

[左右とじ:左右対称 上下とじ:同位置]

左右とじの場合と、上下とじの場合で印字位置を変更します。

  • 左右とじ:表面はユーザーが設定した位置に印字します。裏面はユーザーが設定した位置の左右対称の位置に印字します。
    たとえば、右下に設定した場合は、表面は右下に、裏面は左下に印字します。

  • 上下とじ:すべてのページでユーザーが設定した位置に印字します。
    たとえば、右下に設定した場合は、すべてのページで右下に印字します。

[左右とじ:左右対称 上下とじ:上下対称]

左右とじの場合と、上下とじの場合で印字位置を変更します。

  • 左右とじ:表面はユーザーが設定した位置に印字します。裏面はユーザーが設定した位置の左右対称の位置に印字します。
    たとえば、右下に設定した場合は、表面は右下に、裏面は左下に印字します。

  • 上下とじ:表面はユーザーが設定した位置に印字します。裏面はユーザーが設定した位置の上下対称の位置に印字します。
    たとえば、右下に設定した場合は、表面は右下に、裏面は右上に印字します。

任意の用紙名と用紙種類を登録したカスタム用紙を使うには([ユーザー用紙名設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [ユーザー用紙名設定]

任意の用紙名と用紙種類を登録したカスタム用紙を使うかどうかを選びます。カスタム用紙を使う場合は、カスタム用紙に割当てる用紙名と用紙種類を登録します。

設定

説明

[使用する]/[使用しない]

任意の用紙名と用紙種類を登録したカスタム用紙を使うかどうかを選びます。

[使用する]を選ぶと、用紙種類の選択肢にカスタム用紙が追加されます。

初期値は[使用しない]です。

[カスタム1]~[カスタム19]

カスタム用紙に割当てる用紙名と用紙種類を登録します。

  • [用紙名称]:用紙の名前を入力します(半角12文字/全角6文字以内)。初期値は[カスタム]です。

  • [用紙種類]:用紙の種類を選びます。初期値は[普通紙]です。