目的から探す
ホーム 目的から探す 色や画質を指定してコピーしたい

目的から探す

色や画質を指定してコピーしたい

コピーの色を選ぶには([カラー])

表示するには:
  • [コピー]
    • [カラー]

コピーするときの色を選びます。

設定

説明

[オートカラー]

読込んだ原稿の色に合わせて自動的に[フルカラー]または[ブラック]を選んでコピーします。

[フルカラー]

読込んだ原稿の色に関わらずフルカラーでコピーします。

[ブラック]

読込んだ原稿の色に関わらずモノクロでコピーします。

[2色カラー]

指定した2色でコピーします。フルカラーよりも、コストを抑えたカラーコピーができます。

読込んだ原稿の中で、カラーと判断した領域が指定した色でコピーされ、ブラックと判断した領域がブラックでコピーされます。

[単色カラー]

指定した1色でコピーします。フルカラーよりも、コストを抑えたカラーコピーができます。

原稿上の色の違い(目で見た色の濃さ)と階調レベルを単色カラーの濃淡差としてコピーします。

[平均濃度]を設定すると、原稿上の色の違いに関わらず、階調レベルのみを単色カラーの濃淡差としてコピーします。

  • [オートカラー]を選んでコピーしたにも関わらず、モノクロでコピーされる場合は、カラーの判定レベルを調整してください。詳しくは、こちらをごらんください。

原稿の内容に適した画質に自動調整するには([原稿画質])

表示するには:
  • [コピー]
    • [原稿画質]

原稿の記載内容に適した設定を選び、最適な画質でコピーします。

設定

説明

[文字]

文字が多い原稿を、最適な画質でコピーします。

文字のエッジをシャープに再現して、読みやすい画像にします。

[文字/写真-印刷写真]

文字と写真とで構成された原稿を、最適な画質でコピーします。

文字のエッジはシャープに再現して、写真は滑らかに再現します。

パンフレットやカタログなど、印刷された原稿を読込むときに選びます。

[文字/写真-印画紙写真]

文字と写真とで構成された原稿を、最適な画質でコピーします。

文字のエッジはシャープに再現して、写真は滑らかに再現します。

写真の部分が、印画紙に印刷された原稿を読込むときに選びます。

[写真-印刷写真]

写真だけで構成された原稿を、最適な画質でコピーします。

パンフレットやカタログなど、印刷された原稿を読込むときに選びます。

[写真-印画紙写真]

写真だけで構成された原稿を、最適な画質でコピーします。

印画紙に印刷された原稿を読込むときに選びます。

[薄文字原稿]

文字が多い原稿で、細い文字や、濃度が薄い文字の場合に、最適な画質でコピーします。

文字の濃度を濃く再現して、読みやすい文字にします。

[地図]

地図などの下地色のついた原稿や鉛筆や色細線で描かれた原稿を、最適な画質でコピーします。

シャープなコピー画像が得られます。

[コピー原稿]

コピーやプリンターで出力した、濃度が均一な原稿を、最適な画質でコピーします。

[画質調整プログラム呼び出し]

画質調整プログラムを呼出します。プログラムの登録内容が反映されます。

画質調整プログラムには、[原稿画質]、[濃度]、[下地調整]、[文字再現]、[ネガポジ反転]、[ベースカラー]、[カラー画質調整]、[鏡像]の設定を登録できます。登録のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

コピー濃度を調整するには([濃度])

表示するには:
  • [コピー]
    • [濃度]

コピー画像の濃淡を調整します。

原稿の下地の濃度を調整するには([下地調整])

表示するには:
  • [コピー]
    • [応用設定]
      • [画質/濃度]
        • [下地調整]

新聞紙や再生紙でできた原稿など、下地に色が付いている原稿や、裏面が透ける薄い原稿の下地の濃度を調整します。

設定

説明

[下地除去]

薄紙でできた両面原稿や、下地に色が付いている原稿を、最適な画質でコピーします。

  • [裏写り除去]:裏面が透けて見える両面原稿など、裏写りさせたくないときに選びます。

  • [黄ばみ除去]:地図など、下地に色が付いている原稿を使うときに選びます。

[下地調整レベル]

下地に色が付いている原稿の、下地の色の濃度を調整します。[自動]を選ぶと、下地の色の濃度を自動で判別して、最適な下地の濃度でコピーします。

背景に対して文字を強調するには([文字再現])

表示するには:
  • [コピー]
    • [応用設定]
      • [画質/濃度]
        • [文字再現]

原稿の写真(図やグラフなど)と文字が重なっている場合などに、写真や文字を強調します。

設定

説明

[背景優先]

文字に対して背景を強調したいときは、[背景優先]側に調整します。

[標準]

背景と文字を最適なバランスでコピーします。

[文字優先]

背景に対して文字を強調したいときは、[文字優先]側に調整します。

画像に光沢をつけるには([光沢コピー])

表示するには:
  • [コピー]
    • [応用設定]
      • [画質/濃度]
        • [光沢コピー]

画像に光沢をつけてコピーします。

明暗や色を反転させるには([ネガポジ反転])

表示するには:
  • [コピー]
    • [応用設定]
      • [カラー編集]
        • [ネガポジ反転]

画像の明暗や色を反転させてコピーします。写真のネガフィルムのような仕上がりになります。

背景に色をつけるには([ベースカラー])

表示するには:
  • [コピー]
    • [応用設定]
      • [カラー編集]
        • [ベースカラー]

原稿の白地部分に、指定した色で背景色をつけてコピーします。

原稿に合わせてカラー画質を微調整するには([カラー画質調整])

表示するには:
  • [コピー]
    • [応用設定]
      • [カラー編集]
        • [カラー画質調整]

原稿のカラー画質を調整してコピーします。仕上りのサンプルをコピーして確認できます。

設定

説明

[明度]

明るさの度合いを調整します。

[コントラスト]

画像の濃淡の度合いを調整します。

[彩度]

色のあざやかさの度合いを調整します。

[赤色]

赤色の色あいを調整します。

[緑色]

緑色の色あいを調整します。

[青色]

青色の色あいを調整します。

[色相]

色相を調整します。

色相とは、赤、青、黄というようにそれぞれ区別される色あいのことです。赤みを強くしたり、青みを強くしたりします。

[コピー濃度]

コピー濃度を調整します。

[シャープネス]

画像のエッジ部分を強調させて読みやすくします。

ガタガタした輪郭を滑らかにしたり、ぼやけた輪郭をくっきりさせたりします。

[カラーバランス]

イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)の各濃度を調整します。4色のトナーそれぞれの分量を変えることで、コピーの色あいをきめ細かく調整します。