目的から探す
ホーム 目的から探す スキャン送信の読込み設定や原稿設定をしたい

目的から探す

スキャン送信の読込み設定や原稿設定をしたい

カラーや原稿サイズなどの基本的な設定をしたい

原稿を読込むカラーモードを選ぶには([カラー])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [カラー]

原稿を読込むときのカラーモードを選びます。

設定

説明

[オートカラー]

原稿の色に合わせて、自動的に[フルカラー]または[グレースケール]を選んで読込みます。

[フルカラー]

原稿の色に関わらず、フルカラーで読込みます。

白黒以外の色を使った原稿や、カラー写真を読込むときに選びます。

[グレースケール]

原稿の色に関わらず、グレースケールで読込みます。白黒写真など、ハーフトーンが多い原稿を読込むときに選びます。

[白黒2値]

原稿を、白と黒の中間色を使わずに、白か黒かで読込みます。

線画など、白黒の境がはっきりしている原稿を読込むときに選びます。

  • [オートカラー]を選んで読込んだにも関わらず、原稿の色に合わせて正しく読込まれない場合は、カラーの判定レベルを調整してください。詳しくは、こちらをごらんください。

読込む原稿のサイズを設定するには([読込みサイズ])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [読込みサイズ]

読込む原稿のサイズを選びます。

設定

説明

[自動]

原稿のサイズに合わせて、自動的にサイズを選んで読込みます。

[A系・B系]

A系・B系サイズの原稿を読込むときに選びます。[A系・B系]をタップして、A系・B系それぞれの定形サイズを選びます。

[インチ系]

インチ系サイズの原稿を読込むときに選びます。[インチ系]をタップして、インチ系の定形サイズを選びます。

[その他]

はがきや、A系・B系、インチ系サイズ以外の原稿を読込むときに選びます。[その他]をタップすると、各定形サイズを選べます。

[写真サイズ]

写真または写真専用のサイズの原稿を読込むときに選びます。[写真サイズ]をタップして、各定形サイズを選びます。

[不定形サイズ]

不定形サイズの原稿を読込むときに選びます。縦、横それぞれの数値を入力します。

原稿を読込む解像度を設定するには([解像度])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [解像度]

原稿を読込むときの解像度を選びます。

設定

説明

[スキャン解像度]

スキャン送信する原稿の解像度を選びます。

E-mail送信、SMB送信、FTP送信、WebDAV送信、ボックス保存をするときは、以下の解像度で読込みます。

  • [200 200 dpi]:通常の原稿を読込むときに選びます。

  • [300 300 dpi]:通常の原稿をより高い解像度で読込むときに選びます。

  • [400 400 dpi]:小さな文字や図などが描かれた原稿を読込むときに選びます。

  • [600 600 dpi]:原稿をファイルに変換したときに、最もファイルサイズが大きくなります。フルカラーの写真など、画質の細やかさを求める原稿を読込むときなどに選びます。

[ファクス解像度]

ファクス送信する原稿の解像度を選びます。

ファクス送信、インターネットファクス送信、IPアドレスファクス送信をするときは、以下の解像度で読込みます。

  • [普通]:画質の細やかさを求めない原稿を読込むときや、大量の原稿を短時間で送信したいときなどに選びます。

  • [精細]:通常の原稿を読込むときに選びます。

  • [高精細]:小さな文字や図などが描かれた原稿を読込むときに選びます。

  • [超高精細]:画質の細やかさを求める原稿を読込むときに選びます。

  • より精細に読込むほど送信する情報量が増え、送信時間が長くなります。E-mail送信やインターネットファクスなど、送信手段にE-mailを使うときは、データ容量に制限がないかをご確認ください。

読込んだ原稿データのファイル形式を設定するには([ファイル形式])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [ファイル形式]

読込んだ原稿データを保存するファイル形式を選びます。

設定

説明

[ファイル形式]

保存したいファイル形式を、以下から選びます。

  • [PDF]:ほとんどのOSで表示できるフォーマットで、ファイルにパスワードを設定したり、暗号化したりできます。重要な原稿データは、PDFでの保存がおすすめです。

  • [コンパクトPDF]:通常のPDF形式よりも小さなファイルサイズで保存します。E-mail送信など、ファイルサイズを小さくしたいときなどにおすすめです。

  • [TIFF]:汎用度の高い画像形式の1つです。TIFFは、1つのファイルに複数ページを持てるマルチページに対応しています。

  • [JPEG]:デジタルカメラでよく使われているファイルの保存形式で、写真の保存に適したファイル形式です。JPEGは、1つのファイルに複数ページを保存できません。

  • [XPS]:Windows Vistaから採用されたファイル形式です。

  • [コンパクトXPS]:通常のXPS形式よりも小さなファイルサイズで保存します。

  • [PPTX]:Microsoft Office 2007以降のPowerPointで作成した、XMLベースのファイルの拡張子です。

[ページ設定]

原稿が複数ページあるときに、ファイルにするページ単位を選びます。

  • [ページ一括]:すべてのページを1つのファイルに変換します。ただし、[ファイル形式]で[JPEG]を選んだときは、[ページ一括]を選べません。

  • [ページ分割]:E-mail送信、SMB送信、FTP送信するときに、指定したページ枚数ごとにファイルを分割して送信する形式にできます。たとえば「2」を入力して10枚の原稿を読込むと、送信時は5ファイルに分割されます。ボックス保存時は、指定したページ枚数を記憶して1つのファイル([ページ一括]の状態)で保存されます。指定したページ枚数を1ファイルとして変換します。

[E-mailへの添付方法]

宛先がメールアドレスで、[ページ設定]を[ページ分割]に設定したときの、添付のしかたを選びます。

  • [全ファイル一括添付]:すべてのファイルを1通のE-mailに添付します。

  • [1メール1ファイル]:ファイルごとに1通のE-mailを送信します。

[PDF詳細設定]

ファイル形式として[PDF]または[コンパクトPDF]を選んだときに、PDFのオプション設定ができます。

デジタル署名を付加してファイルの作成者を証明したり、ファイルを暗号化して、高度なセキュリティーに配慮することもできます。

詳しくは、こちらをごらんください。

原稿の両面を読込むには([片面/両面])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [片面/両面]

原稿を読込む面を選びます。

設定

説明

[片面]

原稿の片面を読込みます。

[両面]

原稿の両面を読込みます。

[表紙+両面]

原稿の最初のページだけ片面を読込み、残りのページは両面を読込みます。

読込んだ原稿データのファイル名を変更するには([文書名/件名/他])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [文書名/件名/他]

読込んだ原稿データのファイル名を変更します。

E-mail送信する場合は、E-mailの件名と本文の指定や、発信元のメールアドレス(Fromアドレス)の変更ができます。

設定

説明

[文書名]

必要に応じて、読込んだ原稿データのファイル名を変更します。

[件名]

必要に応じて、E-mailの件名を変更します。件名の定型文を登録している場合は、登録している件名から選ぶこともできます。

[From]

必要に応じて、発信元のメールアドレスを変更します。

通常は、管理者のメールアドレスを発信元アドレスとして送信します。

ユーザー認証を導入している場合は、ログインしたユーザーのメールアドレスを送信元のメールアドレスとして使います。

[本文]

必要に応じて、E-mailの本文を入力します。本文の定型文を登録している場合は、登録している本文から選ぶこともできます。

  • E-mailの件名と本文の定型文を登録できます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • ファイル名の初期値を変更できます。機能の頭文字を付与するかどうかの設定や、装置名の代わりに任意の文字列の指定ができます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • ユーザーに対して、E-mail送信の発信元のメールアドレス(Fromアドレス)の変更を許可するかどうかを選べます(初期値:[許可])。詳しくは、こちらをごらんください。

E-mailの送信先ごとに、件名と本文を変更するには([文書名/件名/他])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [文書名/件名/他]

読込んだ原稿データのファイル名を変更します。

E-mail送信する場合は、E-mailの件名と本文の指定や、発信元のメールアドレス(Fromアドレス)の変更ができます。

設定

説明

[文書名]

必要に応じて、読込んだ原稿データのファイル名を変更します。

[件名]

必要に応じて、E-mailの件名を変更します。件名の定型文を登録している場合は、登録している件名から選ぶこともできます。

[From]

必要に応じて、発信元のメールアドレスを変更します。

通常は、管理者のメールアドレスを発信元アドレスとして送信します。

ユーザー認証を導入している場合は、ログインしたユーザーのメールアドレスを送信元のメールアドレスとして使います。

[本文]

必要に応じて、E-mailの本文を入力します。本文の定型文を登録している場合は、登録している本文から選ぶこともできます。

  • E-mailの件名と本文の定型文を登録できます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • ファイル名の初期値を変更できます。機能の頭文字を付与するかどうかの設定や、装置名の代わりに任意の文字列の指定ができます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • ユーザーに対して、E-mail送信の発信元のメールアドレス(Fromアドレス)の変更を許可するかどうかを選べます(初期値:[許可])。詳しくは、こちらをごらんください。

いろいろな原稿に合わせた設定をしたい

異なるサイズの原稿をまとめてADFで読込むには([混載原稿])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [原稿設定]
          • [混載原稿]

サイズの異なる複数ページの原稿でも、ADFを使うことで、原稿ごとにサイズを検知して読込みます。読込む原稿の幅が同じときは、[同幅混載]を選びます。幅が異なる原稿のときは、[異幅混載]を選びます。

普通紙よりも薄い紙の原稿をADFで読込むには([薄紙原稿])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [原稿設定]
          • [薄紙原稿]

普通紙よりも薄い原稿を読込むときに、ADFの原稿を搬送する速度を遅くして、原稿を巻込みにくくします。

折りぐせのある原稿をADFで読込むには([Z折れ原稿])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [原稿設定]
          • [Z折れ原稿]

折りぐせのついた原稿でも、原稿サイズを正確に検知します。

原稿ガラスにセットできない長い原稿を読込むには([長尺原稿])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [原稿設定]
          • [長尺原稿]

定形サイズ(A3 または11 17)よりも通紙方向が長い原稿をセットするときに選びます。

原稿をセットした方向を指定するには([原稿セット方向])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [原稿設定]
          • [原稿セット方向]

セットした原稿の向きを指定します。

上開きの両面原稿を読込んだとき、画像の上下が反転せずに、正しく表示されるようにするには([原稿のとじしろ])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [原稿設定]
          • [原稿のとじしろ]

両面の原稿を読込むときに、とじしろの位置が逆にならないよう、原稿のとじしろ位置を選びます。

設定

説明

[自動]

原稿のとじしろが自動で設定されます。原稿の長辺が297 mm以下の場合、用紙の長辺にとじしろを設定します。原稿の長辺が297 mmを超える場合、用紙の短辺にとじしろを設定します。

[左開き/とじ]

原稿の左側にとじしろがあるときに選びます。

[上開き/とじ]

原稿の上側にとじしろがあるときに選びます。

ADFから原稿を読込むときに、スリットガラスのゴミを除去しながら読込むには([汚れ軽減モード])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [原稿設定]
          • [汚れ軽減モード]

ADFで原稿を読込むときに、スリットガラスのゴミを除去しながら読込みます。

通常と比べて、原稿の読込み時間が長くなります。

白紙ページを読飛ばすには([白紙原稿除去])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [原稿設定]
          • [白紙原稿除去]

ADFにセットした原稿に白紙ページが含まれている場合に、白紙ページを、スキャン対象から除外します。

白紙ページが含まれている原稿を読込むときに選びます。白紙として検出された原稿は、原稿枚数としてカウントしません。

  • [白紙原稿除去]を設定して読込んだにも関わらず、白紙ページが正しく検出されない場合は、白紙ページを検出する度合いを調整してください。詳しくは、こちらをごらんください。

本やカタログの左右ページを分割して読込むには([ブック原稿])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [ブック原稿]

本やカタログなどの見開き原稿を、左右のページそれぞれに分割したり、見開きのまま読込んだりできます。本やカタログなどは、原稿ガラスにセットして、ADFを開いたまま読込みます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

ブック原稿を設定するときに[ON]を選びます。

[出力方法]

見開き原稿の読込み方法を選びます。

  • [見開き]:見開き原稿をそのまま読込みます。

  • [分割]:見開き原稿をページ順に、左右1ページずつ分割して読込みます。

  • [表カバー]:表紙と、左右に分割された見開き原稿を、原稿の順番どおりに読込みます(表紙、見開き原稿の順番に読込みます)。

  • [表+裏カバー]:表紙/裏表紙と、左右に分割された見開き原稿を原稿の順番どおりに読込みます(表紙、裏表紙、見開き原稿の順番に読込みます)。

[開き方向]

[出力方法]で[分割]、[表カバー]、[表+ 裏カバー]のいずれかを選んだときに、読込む見開き原稿の開き方向を選びます。

左側でとじてある見開き原稿は[左開き]、右側でとじてある見開き原稿は[右開き]を選びます。

開き方向の設定を間違えた場合、見開き原稿の左右のページ順が逆になりますのでご注意ください。

[枠消し]

原稿の厚みによって原稿カバーをきちんと閉じられないときに生じる周囲の影を消去します。

原稿の周囲4辺を同じ幅で消去するだけでなく、辺ごとに異なる幅でも消去できます。

  • [枠全体]:原稿の周囲4 辺を同じ幅で消去するときに選びます。[消去量]で、[+]/[-]をタップするか、またはテンキーを押して、消去する幅を指定します。

  • [個別]:原稿の辺ごとに異なる幅を指定して消去するときに選びます。辺([上][下][左][右])を選び、[消去量]で、[+]/[-]をタップするか、またはテンキーを押して、辺ごとに消去する幅を指定します。
    消去しない場合は、[消去する]の設定を解除します。

[折り目消し]

原稿の厚みによって原稿カバーをきちんと閉じられないときに生じる中央部分の影を消去します。

[+]/[-]をタップするか、またはテンキーを押して、消去する幅を指定します。

大量の原稿を、1つのジョブとして読込むには([連続読込み])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [原稿]
        • [連続読込み]

原稿の枚数が多く、1度のセットでADFに載せきれないときでも、原稿を数回に分けて読込んで、1つのジョブとして扱うことができます。

ADF原稿ガラスとを交互に使い分けて、原稿を読込むこともできます。

  • 連続読込みの操作方法について詳しくは、こちらをごらんください。

画質や濃度の調整をしたい

原稿の内容に適した画質に自動調整するには([原稿画質])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [画質/濃度]
        • [原稿画質]

原稿の記載内容に適した設定を選び、最適な画質で読込みます。

設定

説明

[文字]

文字が多い原稿を、最適な画質で読込みます。

文字のエッジをシャープに再現して、読みやすい画像にします。

[文字/写真 印刷写真]

文字と写真とで構成された原稿を、最適な画質で読込みます。

文字のエッジはシャープに再現して、写真は滑らかに再現します。

パンフレットやカタログなど、印刷された原稿を読込むときに選びます。

[文字/写真 印画紙写真]

文字と写真とで構成された原稿を、最適な画質で読込みます。

文字のエッジはシャープに再現して、写真は滑らかに再現します。

写真の部分が、印画紙に印刷された原稿を読込むときに選びます。

[写真 印刷写真]

写真だけで構成された原稿を、最適な画質で読込みます。パンフレットやカタログなど、印刷された原稿を読込むときに選びます。

[写真 印画紙写真]

写真だけで構成された原稿を、最適な画質で読込みます。印画紙に印刷された原稿を読込むときに選びます。

[薄文字原稿]

文字が多い原稿で、細い文字や、濃度が薄い文字の場合に、最適な画質で読込みます。

文字の濃度を濃く再現して、読みやすい文字にします。

[コピー原稿]

コピーやプリンターで出力した、濃度が均一な原稿を、最適な画質で読込みます。

原稿を読込む濃度を調整するには([濃度])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [画質/濃度]
        • [濃度]

原稿に合わせて濃度を調整して読込みます。

原稿の下地の濃度を調整して読込むには([下地調整])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [画質/濃度]
        • [下地調整]

新聞紙や再生紙でできた原稿など、下地に色が付いている原稿や、裏面が透ける薄い原稿の下地の濃度を調整します。

設定

説明

[下地除去]

薄紙でできた両面の原稿や、下地に色が付いている原稿を、最適な画質で読込みます。

  • [裏写り除去]:裏面が透けて見える両面の原稿など、裏写りさせたくないときに選びます。

  • [黄ばみ除去]:地図など、下地に色が付いている原稿を使うときに選びます。

[下地調整レベル]

下地に色が付いている原稿の、下地の色の濃度を調整します。[自動]を選ぶと、下地の色の濃度を自動で判別して、最適な下地の濃度で読込みます。

スタンプやページ番号を追加したい

日付/時刻を追加するには([日付/時刻])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [スタンプ/ページ印字]
        • [日付/時刻]

印字する位置や表記のしかたを選び、原稿を読込んだ日付や時刻を追加します。全ページに追加したり、先頭ページだけに追加したりすることもできます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

日付/時刻を印字するときに[ON]を選びます。

[日付種類]

印字する日付の表記のしかたを選びます。

[時刻種類]

印字する時刻の表記のしかたを選びます。時刻を印字しない場合は、[しない]を選びます。

[印字ページ]

印字するページの範囲を選びます。

[文字詳細]

必要に応じて、印字する文字のサイズや書体、色を選びます。

[印字位置指定]

必要に応じて、印字する文字の位置を選びます。印字する位置は、[位置調整]でさらに細かく調整できます。

ページ番号を追加するには([ページ番号])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [スタンプ/ページ印字]
        • [ページ番号]

印字する位置や表記のしかたを選び、ページ番号や章番号を追加します。ページ番号や章番号は、全ページに追加されます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

ページ番号を印字するときに[ON]を選びます。

[ページ種類]

印字するページ番号の表記のしかたを選びます。

[印字開始ページ番号]

1枚目のページに印字するページ番号の、開始番号を入力します。たとえば、原稿の3枚目からページ番号を印字したい場合は、「-1」と入力します。原稿の1枚目を「-1」、2枚目を「0」とカウントし、3枚目の原稿を「1」とカウントします。[印字開始ページ番号]は、カウントが1以降のページ番号を印字します。「2」を入力すると、原稿の1枚目から順に「2、3」と印字します。「-」は、*を押すごとに+と-とを切換えます。

[印字開始章番号]

章構成のある原稿で、2章目以降から章番号を印字したいときに入力します。章番号は、[ページ種類]で[章ページ]を選んだときにだけ設定できます。

[文字詳細]

必要に応じて、印字する文字のサイズや書体、色を選びます。

[印字位置指定]

必要に応じて、印字する文字の位置を選びます。印字する位置は、[位置調整]でさらに細かく調整できます。

スタンプを追加するには([スタンプ])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [スタンプ/ページ印字]
        • [スタンプ]

先頭ページまたはすべてのページに、「回覧」「複製厳禁」などの文字を追加します。追加する文字は、登録済みの定型のスタンプや、任意で登録したスタンプから選べます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

スタンプを印字するときに[ON]を選びます。

[スタンプ種類]

印字するスタンプを選びます。

[印字ページ]

印字するページの範囲を選びます。

[文字詳細]

必要に応じて、印字する文字のサイズや色を選びます。

[印字位置指定]

必要に応じて、印字する文字の位置を選びます。印字する位置は、[位置調整]でさらに細かく調整できます。

ヘッダー/フッターに情報を追加するには([ヘッダー/フッター])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [スタンプ/ページ印字]
        • [ヘッダー/フッター]

指定したページの上下の余白部分(ヘッダー/フッター)に、日付や時刻をはじめ、任意の文字を追加します。ヘッダー/フッターに追加する情報は、あらかじめ本機に登録しておく必要があります。

設定

説明

[ON]/[OFF]

ヘッダー/フッターを印字するときに[ON]を選びます。

[ヘッダー/フッター呼出し]

印字するヘッダー/フッターを選びます。あらかじめ登録されたヘッダー/フッターから選びます。

[確認/一時変更]

必要に応じて、[ヘッダー/フッター呼出し]で選んだプログラムの内容を確認または一時的に変更します。

  • [ヘッダー設定]:ヘッダーに印字する内容を変更します。

  • [フッター設定]:フッターに印字する内容を変更します。

  • [印字ページ]:印字するページの範囲を変更します。

  • [文字詳細]:印字する文字のサイズや書体、色を変更します。

  • ヘッダー/フッターに追加する情報の登録のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

その他のオプション設定

原稿の端部(ふち)にある文字や影を消去して読込むには([枠消し])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [応用]
        • [枠消し]

原稿の周囲4 辺を同じ幅で消去します。辺ごとに異なる幅を指定して消去することもできます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

枠消しを設定するときに[ON]を選びます。

[枠全体]

原稿の周囲4 辺を同じ幅で消去するときに選びます。

[消去量]で、[+]/[-]をタップするか、またはテンキーを押して、消去する幅を指定します。

[個別]

原稿の辺ごとに異なる幅を指定して消去するときに選びます。

辺([上][下][左][右])を選び、[消去量]で、[+]/[-]をタップするか、またはテンキーを押して、辺ごとに消去する幅を指定します。

消去しない場合は、[消去する]の設定を解除します。

文字などの境界をくっきりさせるには([シャープネス])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [応用]
        • [シャープネス]

画像のエッジ部分を強調して、読みやすくします。画像の、ガタガタした輪郭を滑らかにしたり、ぼやけた輪郭をくっきりさせたりします。

原稿データにファイリング番号を付加するには([ファイリングナンバーボックス])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [応用]
        • [ファイリングナンバーボックス]

ファイリングナンバーボックスは、保存した原稿データに対して、ジョブ単位やページ単位でファイリング番号を付加して管理する機能を持ったボックスです。

ファイリングナンバーボックスを選ぶことで、原稿にファイリング番号を付加して送信します。

  • ファイリングナンバーボックスは、あらかじめ登録が必要です。登録のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

送信と同時に、本機で印刷するには([同時印刷])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [応用]
        • [同時印刷]

スキャン送信やファクス送信すると同時に、印刷することができます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

送信と同時に印刷するときに[ON]を選びます。

[部数]

必要に応じて、印刷する部数を入力します。

[片面/両面]

両面印刷するときは、[両面]を選びます。

[ステープル]

用紙をステープルでとじるときに、とじ位置を選びます。

  • [コーナー]:用紙のコーナー1箇所(左上もしくは右上)をステープルでとじて排紙します。

  • [2点]:用紙の2箇所(上、左、右)をステープルでとじて排紙します。

  • [位置指定]:とじ位置を選びます。とじ位置を[自動]に設定すると、とじ位置を自動的に決定します。

送信した原稿データの保存先を、E-mailで通知するには([URL通知先設定])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [応用]
        • [URL通知先設定]

SMB送信、FTP送信、WebDAV送信、ボックス保存の終了後に、原稿データの保存先を記載したE-mailを、指定のメールアドレスに送ります。

E-mailを暗号化するには([メールの暗号化])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [応用]
        • [メールの暗号化]

S/MIMEを使う場合に、本機から送信するE-mail を暗号化します。

E-mailにデジタル署名を付加するには([デジタル署名])

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [応用]
        • [デジタル署名]

S/MIMEを使う場合に、本機から送信するE-mail にデジタル署名を付加します。

  • [ON]または[OFF]のいずれかの状態から変更できない場合は、管理者によって常に署名するかしないかが設定されています。