ホーム機能 / 設定キーの説明ユーザー認証/部門管理

ユーザー認証/部門管理

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ユーザー認証/部門管理]

ユーザー認証と部門管理を設定します。

本機を使えるユーザーの制限や、使用状況の管理ができます。認証方式の設定、ユーザー情報や部門情報の登録を行います。

設定

説明

[認証方式]

ユーザー認証や部門管理の認証方式など、本機の認証機能を設定します。

[ユーザー認証設定]

ユーザー認証を導入する場合に、ユーザー情報を登録します。また、ユーザーごとの機能制限の設定や、使用状況の確認をします。

[部門管理設定]

部門管理を導入する場合に、部門情報を登録します。また、部門ごとの機能制限の設定や、使用状況の確認をします。

[認証指定なし印刷]

認証情報のない印刷ジョブ(プリンタードライバーで、ユーザー認証や部門管理を正しく設定しないまま印刷指示したジョブ)を許可するかどうかを選びます。

[使用管理カウンターリスト]

使用管理カウンターリストを印刷します。

[外部サーバー設定]

外部サーバー認証を導入する場合に、認証サーバーを登録します。複数の認証サーバーを登録する場合は、通常使う認証サーバーを初期値として登録します。

[参照許可設定]

ユーザーごとに参照できる宛先を制限します。

[認証装置設定]

認証装置をお使い場合に、認証方式とログアウトに関する設定をします。

[ユーザー/部門共通設定]

ログアウト時の確認画面の表示など、ユーザー認証/部門管理で共通の設定をします。

[Home宛先有効設定]

Scan to Home機能を有効にするかどうかを選びます。

認証サーバーとしてActive Directoryをお使いの場合に設定できます。

[送信宛先制限]

送信できる宛先を制限するかどうかを設定します。ネットワーク上の共有フォルダーへのアクセスに、本機にログインしたユーザーの認証情報を使います。

[プリント簡易認証]

ユーザー認証を導入している場合に、プリンタードライバーを使って印刷するとき、ユーザー名だけの認証(プリント簡易認証)を許可するかどうかを選びます。外部サーバー認証を導入している場合は、プリント簡易認証に利用する認証サーバーを登録します。

[拡張サーバーダウン時の上限]

拡張サーバーがダウンした場合、本機で印刷枚数やボックス登録数などの上限管理を行うかどうかを設定します。

[課金情報の更新]

拡張サーバーがダウンした場合、本機で管理できる課金情報が上限数に達したときに、古い課金情報への上書きを許可するかどうかを選びます。