ホーム機能 / 設定キーの説明ファクス/スキャン設定

ファクス/スキャン設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーザー設定]
      • [ファクス/スキャン設定]

ファクス/スキャンの操作に関する設定をします。

設定

説明

[JPEG圧縮方法]

カラーで送信するときの圧縮方法の初期値を、[高画質]、[標準]、[高圧縮]から選びます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[白黒2値圧縮方法]

モノクロで送信するときの圧縮方法の初期値を、[MH]または[MMR]から選びます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[TWAIN操作ロック時間]

コンピューターから、TWAIN対応アプリケーションソフトウェアによるスキャン操作をすると、本機の操作パネルがロックします。

必要に応じて、ロックを自動解除するまでの時間を変更します。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[ファクス/スキャン初期設定]

ファクス/スキャンモードの初期値(電源をONにしたときや、リセットを押したときの設定値)を変更します。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[拡大表示初期設定]

拡大表示でお使いの場合に、ファクス/スキャンモードの初期値(電源をONにしたときや、リセットを押したときの設定値)を変更します。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[コンパクトPDF/XPS圧縮方法]

コンパクトPDF形式またはコンパクトXPS形式で保存するときの圧縮方法を、[高画質]、[標準]、[高圧縮]から選びます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[カラーTIFF形式]

原稿データをTIFF形式で保存するときの圧縮方法を、[TIFF(TTN2)]または[TIFF(modified TAG)]から選びます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[OCR動作設定]

サーチャブルPDFまたはテキスト検索可能なPPTX、DOCX、XLSXファイルを作成するときに、OCRの文字認識の精度と、処理の速度のどちらを優先させるかを選びます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[図形のアウトライン化]

アウトラインPDF形式で保存するときの、画像(図形)のアウトライン処理の精度を選びます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[送信文書名重複回避]

ユーザーがファイル名を指定して送信する場合に、送信先でのファイル名の重複を回避するため、ファイル名に自動的に文字列を付加するかどうかを選びます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[Distributed Scan PDF設定]

スキャンサーバーへ送信するときのファイル形式を、[PDF]または[コンパクトPDF]から選びます。スキャンプロセスに設定されたファイル形式がPDF形式の場合に適用されます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

[Distributed Scan XPS設定]

スキャンサーバーへ送信するときのファイル形式を、[XPS]または[コンパクトXPS]から選びます。スキャンプロセスに設定されたファイル形式がXPS形式の場合に適用されます。

設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。