ホーム機能 / 設定キーの説明クイックメモリー送信

クイックメモリー送信

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [応用設定]
      • [ファクス設定]
        • [クイックメモリー送信]

原稿を1ページ読取ると同時にファクス送信を開始します。通常は原稿をすべて読込んで、メモリーに蓄積してから送信を開始するメモリー送信が行われますが、原稿の枚数が多い場合にも、メモリーオーバーすることなく送信できます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

クイックメモリー送信を設定するときに[ON]を選びます。

[原稿枚数指定]

発信元情報のページ数の欄に送信する総ページ数を表示したい場合に選び、枚数を入力します。送信先で、受信するファクスの残り枚数を把握できます。

  • 通常は、原稿をすべて読込んでメモリーに蓄積してから送信するメモリー送信が行われます。