ホーム機能 / 設定キーの説明ボックス管理者設定

ボックス管理者設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [セキュリティー設定]
        • [ボックス管理者設定]

本機でユーザー認証を導入している場合に、必要に応じて、ボックス管理者を設定します。

ボックス管理者は、全ユーザーのボックスの登録/削除や、ユーザーボックスとシステムボックス内のファイルの利用ができます。システムボックスの[外部メモリー]では、ファイルの印刷だけ利用できます。

本機の管理者が、ボックス内のファイルの管理だけを委任したい場合に、ボックス管理者を設定します。

設定

説明

[認める]/[認めない]

ボックス管理者を認めるかどうかを選びます。

初期値は[認めない]です。

[パスワードの設定]

ボックス管理者のパスワードを入力します(半角64文字以内)。

[E-mailアドレス]

ボックス管理者のメールアドレスを入力します(半角128文字以内)。

SMBフォルダーのファイルの総容量が、ハードディスクに確保している容量の90%を超えている場合、ボックス管理者のメールアドレスに通知されます。ボックス管理者のメールアドレスが設定されていない場合は、本機の管理者のメールアドレスに通知されます。

ボックス管理者としてログインするには、ログイン画面で次の情報を入力してください。

  • [ユーザー名]:boxadmin

  • [パスワード]:上記で設定したパスワード