ホーム機能 / 設定キーの説明TSIファイル形式一括設定

TSIファイル形式一括設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ファクス設定]
        • [機能設定]
          • [TSIファイル形式一括設定]

受信したファクスをTSI受信振分け機能を使って自動転送するときのファイル形式を設定します。

設定したファイル形式は、すべての振分け先に対して適用されます。

設定

説明

[ファイル形式]

受信したファクスをTSI受信振分け機能を使って自動転送するときのファイル形式を選びます。

  • [PDF]:ほとんどのOSで表示できるフォーマットで、ファイルにパスワードを設定したり、暗号化したりできます。重要な原稿データは、PDFでの保存がおすすめです。

  • [TIFF]:汎用度の高い画像形式の1つです。TIFFは、1つのファイルに複数ページを持てるマルチページに対応しています。

  • [XPS]:Windows Vistaから採用されたファイル形式です。

[ページ設定]

受信したファクスが複数ページあるときに、ファイルにするページ単位を選びます。

  • [ページ一括]:すべてのページを1つのファイルに変換します。

  • [ページ分割]:指定したページ枚数ごとにファイルを分割して変換します。

[E-Mailへの添付方法]

宛先がメールアドレスで、[ページ設定]を[ページ分割]に設定したときの、添付のしかたを選びます。

  • [全ファイル一括添付]:すべてのファイルを1通のE-mailに添付します。

  • [1メール1ファイル]:ファイルごとに1通のE-mailを送信します。

[PDF詳細設定]

ファイル形式として[PDF]を選んだときに、PDFのオプション設定ができます。

  • [TSIファイル形式一括設定]を設定するには、オプションのアップグレードキット UK-204i-Option LK-110が必要です。