ホームトラブルシューティングG3ファクスエラーコード表

G3ファクスエラーコード表

送信系エラーコード

G3ファクスを送信時にトラブルが発生するとエラー画面が表示され、Txx形式のエラーコードが表示されます。以下の表を参照して処置を行ってください。

コード

処置

T00

  • 宛先に誤りがないか確認してください。

  • 相手機の状態を確認してください。

T05

相手機の状態を確認してください。

T08

回線状態を確認してください。

T18

相手機の状態を確認してください。

T28

相手機の状態を確認してください。

T32

回線状態を確認してください。

T42

回線状態を確認してください。

T43

回線状態を確認してください。

T48

  • 宛先に誤りがないか確認してください。

  • 相手機に登録されている番号が正しいか確認してください。

T51

回線状態を確認してください。

T58

相手機にポーリング原稿が登録されていません。相手に原稿をセットするよう連絡してください。

T60

相手機に送信するためのポーリング原稿を登録してください。

T61

掲示板ポーリング送信原稿が登録されているか確認してください。

T62

相手に正しい掲示板ボックス番号を連絡してください。

T80

回線状態を確認してください。

T81

回線状態を確認してください。

T82

  • 宛先に誤りがないか確認してください。

  • 相手機の状態を確認してください。

T85

回線状態を確認してください。

T89

課金管理装置の残高を確認してください。

T90

送信に使用する回線を指定してください。

T91

異なる回線を指定して、送信してください。

T95

回線状態を確認してください。

T97

ファクスボードの状態を確認してください。(サービス実施店にお問い合わせください。)

T98

その組合わせの転送は出来ません。転送設定を確認してください。

T99

電話帳の登録状態を確認してください。

受信系エラーコード

G3ファクスを受信時にトラブルが発生するとエラー画面が表示され、Rxx形式のエラーコードが表示されます。以下の表を参照して処置を行ってください。

コード

処置

R18

自機を確認してください。トナー、記録紙がなければ補充し、メモリーがいっぱいになっている場合は、メモリーを空けてください。

R21

閉域受信機能をOFFするか、相手機に正しいパスワードを連絡してください。

R22

閉域受信機能をOFFするか、相手機に正しいパスワードを連絡してください。

R32

ボックス自動生成の設定を変更するか、相手に正しい親展ボックス番号を連絡してください。

R50

回線状態を確認してください。

R51

回線状態を確認してください。

R60

回線状態を確認してください。

R63

回線状態を確認してください。

R69

回線状態を確認してください。

R72

原稿の長さを短くして再送信するよう、相手に連絡してください。

R78

主電源スイッチをOFF/ONしてください。

R79

主電源スイッチをOFF/ONしてください。

R93

  • 相手に確認の上、受信するための親展ボックスを登録してください。

  • 親展パスワードを確認してください。

R94

  • 相手に確認の上、中継配信するための中継ボックスを登録してください。

  • 中継パスワードを確認してください。

R95

転送ファクス設定を確認してください。

R96

相手に正しい親展ボックス番号を連絡してください。

R97

PC-FAX受信設定を確認してください。

R99

主電源スイッチをOFF/ONしてください。