ホームトラブルシューティング中綴じ機 SD-511で針づまりが発生した場合

中綴じ機 SD-511で針づまりが発生した場合

  • 本図はオプションのフィニッシャー FS-534中綴じ機 SD-511パンチキット PK-520を装着しています。

  • 中綴じ機を動かすときは、取っ手以外は持たないでください。手、指を挟みこむ恐れがあります。