ホーム本機についてユーザーの認証情報を登録する

ユーザーの認証情報を登録する

Data Administratorでユーザーの認証情報を登録するには、認証装置がコンピューターのUSBポートに接続され、コンピューターと本機がネットワークで接続されている必要があります。

  • Data Administratorを使うには、あらかじめ使用環境のセットアップが必要です。セットアップの方法について詳しくは、こちらをごらんください。

  1. 本機の主電源スイッチをONにします。

  2. Data Administratorを起動し、本機の装置情報を読込みます。

    • 認証装置を接続後、5秒以上経過してから操作を行ってください。

    • 装置情報の読込みについては、Data Administratorのマニュアルをごらんください。

  3. [機能選択]から[認証設定]-[ユーザ設定]を選び、[追加]をクリックします。

  4. ユーザーのテンプレートを選び、[OK]をクリックします。

    • テンプレートについては、Data Administratorのマニュアルをごらんください。

    ユーザーの登録画面が表示されます。

  5. ユーザー名、パスワードを入力して、[ICカード認証]タブを選びます。

  6. ICカードを認証装置に置いて、[読取開始]をクリックします。

    • [カードID入力]をクリックして、カードIDを登録することもできます。

  7. [OK]をクリックして、次のユーザーの認証情報を登録します。

  8. すべてのユーザーの認証情報の登録が終わったら、[装置に書込み]をクリックします。

    • ユーザー名を選び、[編集]をクリックすると、登録情報を変更できます。

  9. [書込み]をクリックします。

    • Data Administratorには一括コピー機能があります。登録した認証情報を複数の装置にまとめて書込むこともできます。

  10. 本機への書込みが完了したら、[OK]をクリックします。

  11. コンピューターのUSBポートから認証装置を取外します。

    • USBケーブルの抜き差しは、プラグの部分を持って行ってください。故障の原因となります。

  12. 認証装置を本機のUSBポートに接続します。

    • USBケーブルの抜き差しは、プラグの部分を持って行ってください。故障の原因となります。

  13. 本機を再起動します。

    • 本機を再起動するときは、主電源スイッチをOFFにして、10秒以上経過してからONにしてください。間隔をあけないと、正常に機能しないことがあります。