ホーム操作パネルについて電源キーの使い方

電源キーの使い方

購入時の状態でお使いの場合

購入時の状態でお使いの場合の電源キーの使い方について詳しくは、こちらをごらんください。

副電源OFFキーとしてお使いの場合

電源キーは、本機を節電状態に切換えるときに操作します。

電源キーを押したときの、本機の節電状態は次のとおりです。電源キーは押す長さによって、移行する節電状態が異なります。

電源キー

本機の状態

LEDの状態

説明

短押し

副電源OFF

点灯:

オレンジ色

消費電力を抑え、高い節電効果を得られます。

副電源OFF状態のとき、データやファクスは受信できますが、原稿の読込みや印刷はできません。

副電源OFF状態のときに受信したデータやファクスは、通常モードに復帰すると印刷されます。

副電源OFF状態から本機を通常モードに復帰させるには、もう一度電源キーを押してください。

長押し

ErPオートパワーOFF

点滅:

オレンジ色

副電源OFF状態よりも高い節電効果を得られ、主電源をOFFにしたときに近い状態となります。

ErPオートパワーOFF状態のとき、データやファクスの受信や、原稿の読込み、印刷はできません。

ErPオートパワーOFF状態から本機を通常モードに復帰させるには、もう一度電源キーを押します。

  • ファクス機能をご利用の場合、ErPオートパワーOFF状態にすると、ファクスを受信できなくなりますのでご注意ください。