ホーム拡張機能TPMについて

TPMについて

TPM(Trusted Platform Module)とは、データの暗号化復号化を行うハードウェアチップです。TPMを使用すると、本機の証明書やパスワードなどの機密情報を安全に管理できます。

本機の機密情報を暗号化するためのTPM鍵は、TPMチップに搭載された専用の記憶領域に保存されます。これらの記憶領域には外部デバイスからアクセスできないため、機密情報を安全に保管できます。

また、TPMチップを交換する場合などに備えて、TPM鍵の復元に必要な情報を、USBメモリーにバックアップできます。

TPMを使用すると、次の機密情報を安全に管理できます。

  • デジタル証明書

  • 管理者パスワード

  • ボックス管理者パスワード

  • ログ管理者パスワード

  • ユーザーのパスワード

  • 部門のパスワード

  • HDD暗号化ワード

  • HDDロックパスワード

  • SNMPサーバーのパスワード

  • WebDAVサーバーのパスワード

  • リモートパネルのパスワード(ネットワーク上の別のコンピューターから本機に直接アクセスする場合)

  • 無線子機設定

  • 本機でTPMを使うには、オプションのi-Option LK-115が必要です。