ホーム拡張機能Webブラウザーの使用を制限する

Webブラウザーの使用を制限する

Webブラウザーの使用を禁止する

Webブラウザーを使わせたくない場合など、Webブラウザー機能を無効にすることなく、Webブラウザーを使えなくできます。

  1. [設定メニュー]-[管理者設定]-[ネットワーク設定]-[Webブラウザー設定]をタップします。

  2. [無効]を選び、[OK]をタップします。

ユーザーごとにWebブラウザーの使用を制限する

本機でユーザー認証を導入している場合は、ユーザーごとにWebブラウザーの使用を制限できます。

  1. [設定メニュー]-[管理者設定]-[ユーザー認証/部門管理]-[ユーザー認証設定]-[ユーザー登録]をタップします。

  2. Webブラウザーの使用を禁止したいユーザーを選び、[編集]-[機能制限]をタップします。

    • パブリックユーザーのWebブラウザーの使用を禁止したい場合は、[]をタップして、[Public]を選びます。

  3. [Webブラウザー]を[許可しない]に設定し、[OK]をタップします。

ローカルコンテンツの利用を禁止する

本機でIWS (Internal Web Server)機能を有効にすると、本機のハードディスクにWebページコンテンツ(ローカルコンテンツ)を転送して、本機のWebブラウザーから利用できます。お使いの環境に合わせて、静的なコンテンツのほか、スクリプトを使った動的なコンテンツも利用できます。

本機の管理者は、必要に応じて、本機のハードディスクに保存したローカルコンテンツを、本機のWebブラウザーから利用できないように設定できます。

  • IWS機能およびローカルコンテンツについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

  1. [設定メニュー]-[管理者設定]-[セキュリティー設定]-[セキュリティー詳細]をタップします。

  2. [Webブラウザーコンテンツアクセス]を[禁止]に設定し、[OK]をタップします。