ホーム拡張機能インターネット経由で自動的にライセンスを登録する

インターネット経由で自動的にライセンスを登録する

インターネット上のライセンス管理サーバー(LMS、License Management Server)でのライセンス登録から、本機での拡張機能有効化までを、自動で行います。

  • 本機がインターネットに接続できることを確認してください。

  1. ライセンスキットを購入します。

    • ライセンスキットの種類については、こちらをごらんください。

    • ライセンスを登録するには、ライセンスキットに入っているトークン証書が必要です。

    • ライセンスキットの購入について詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

  2. [設定メニュー]-[管理者設定]-[ライセンス管理設定]-[機能有効化]-[トークンコード]で、トークン番号を入力します。

    • トークン番号は、トークン証書に記載されています。

    • Web Connectionでトークン番号を登録することもできます。管理者モードの[メンテナンス]-[ライセンス管理設定]-[機能有効化]-[トークンコードによる機能有効化]で、トークン番号を入力します。

  3. [確定]をタップします。

  4. 入力したトークン番号を確認して、[はい]を選び、[OK]をタップします。

    本機がライセンス管理サーバーと通信を行い、トークン番号で管理されている拡張機能を有効にします。ライセンスの登録と拡張機能の有効化が正常に終了すると、本機が自動的に再起動します。

  • インターネット経由でライセンスを登録するときには、遠隔診断に使うプロキシサーバーを経由して、ライセンス管理サーバーに接続します。遠隔診断に使うプロキシサーバーの設定のしかたについては、Web Connectionを使って説明します。詳しくは、こちらをごらんください。