ホーム拡張機能ライセンス登録について

ライセンス登録について

本機で拡張機能をお使いいただくには、それぞれの機能に対応するライセンスキットを購入して、ライセンス管理サーバー(LMS、License Management Server)にライセンスの情報を登録する必要があります。また、LMSから発行されたライセンスコードを本機に登録して、本機で拡張機能を有効にする必要があります。

ライセンスキットを本機に登録するには、次の方法があります。本機をお使いの環境に応じて、適切な方法でライセンスを登録してください。

方法

説明

参照先

インターネット経由で自動的にライセンスを登録する

本機がインターネット上のLMSに接続し、ライセンス登録から、本機での拡張機能有効化までを、自動で行います。

本機がインターネットに接続されている必要があります。

こちら

手作業でライセンスを登録する

本機が直接インターネット上のライセンス管理サーバーに接続できない場合に、ライセンス管理サーバーのWebサイトにアクセスして、ライセンス登録を行います。

LMSと本機への情報の入力を、すべて手作業で行います。

こちら

USBメモリーを使ってライセンスを登録する

本機が直接インターネット上のライセンス管理サーバーに接続できない場合に、ライセンス管理サーバーのWebサイトにアクセスして、ライセンス登録を行います。

登録に必要な情報をUSBメモリーを使ってやり取りするため、ライセンス登録に必要な情報を、手作業で入力する手間が省けます。

こちら

本機で拡張機能を登録するには、本機とLMSとの間で、次の情報をやりとりします。

コード

説明

生成する場所

リクエストコード

本機を特定するためのコードです。

リクエストコードをもとに、機能コードとライセンスコードが生成されます。

本機の操作パネル、またはWeb Connectionから生成します。

本機

トークン番号

拡張機能ライセンス購入のご契約を識別するためのコードです。

拡張機能を有効化するために必要です。

LMS

機能コード

それぞれの拡張機能を識別するためのコードです。

LMS

ライセンスコード

それぞれの拡張機能を有効にするためのコードです。

LMS