ホームWeb設定ツール他の装置のファームウェアを更新するための設定をする

他の装置のファームウェアを更新するための設定をする

本機が中継サーバーとして動作するように設定します。

本機が中継サーバーとして動作すると、ネットワーク上の他のファームウェア更新サーバーと、他の装置とを中継し、ファームウェアを配布できます。

本機がネットワーク上の他のファームウェア更新サーバーを定期的に監視し、最新のファームウェアがある場合には、本機のファームウェア保存領域にダウンロードします。

ネットワーク上の他の装置は、中継サーバーとして動作している本機を、定期的に監視します。本機のファームウェア保存領域に最新のファームウェアがある場合、その装置の設定に従って、ファームウェアのダウンロードと更新を行います。

ここでは、本機が他のファームウェア更新サーバーを監視するための設定と、他の装置が本機のファームウェア保存領域にアクセスするための設定を行います。

  1. 管理者モードの[ネットワーク]-[本体更新設定]-[本体自動更新設定]-[中継サーバー機能の設定]で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [更新ファイル取得設定]

    本機を中継サーバーとして動作させる場合は、[使用する]を選びます。

    初期値は[使用しない]です。

    [URL]

    ファームウェア更新サーバーの、ファームウェアが保存されている場所の URLを入力します(スペースを除く半角253文字以内)。

    [ユーザー名]

    ファームウェア更新サーバーに、本機が接続するためのユーザー名を入力します(全角/半角64文字以内)。

    [パスワード]

    [ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します("を除く半角64文字以内)。

    パスワードを入力(変更)する場合は、[パスワードを変更する]にチェックをつけてから、新しいパスワードを入力します。

    [プロキシ]

    ファームウェア更新サーバーに、本機が接続するためにプロキシサーバーを経由する必要がある場合は、[使用する]を選びます。

    初期値は[使用しない]です。

    [接続タイムアウト]

    ファームウェア更新サーバーとの接続タイムアウト時間を指定します。

    初期値は[60] 秒です。

    [ポーリング間隔]

    ファームウェア更新サーバーに最新のファームウェアが存在するかどうか、確認する間隔を指定します。

    初期値は[60] 分です。

    [リトライ間隔]

    ファームウェア更新サーバーへの最新ファームウェアの確認が失敗した場合に、再試行する回数を指定します。

    初期値は[5] 分です。

    [HTTP設定]

    [使用する]を選ぶと、ネットワーク上の他の装置が、HTTP プロトコル(WebDAV)を使って本機のファームウェア保存領域にアクセスできるようになります。

    [ユーザー名]

    ファームウェア更新サーバーに接続するためのユーザー名を入力します(全角/半角64文字以内)。

    [パスワード]

    [ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します("を除く半角64文字以内)。

    パスワードを入力(変更)する場合は、[パスワードを変更する]にチェックをつけてから、新しいパスワードを入力します。

    [SMB設定]

    [使用する]を選ぶと、ネットワーク上の他の装置が、SMBプロトコルを使って本機のファームウェア保存領域にアクセスできるようになります。

    初期値は[使用しない]です。

    [ユーザー名]

    ファームウェア更新サーバーに接続するためのユーザー名を入力します(全角/半角64文字以内)。

    [パスワード]

    [ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します("を除く半角64文字以内)。

    パスワードを入力(変更)する場合は、[パスワードを変更する]にチェックをつけてから、新しいパスワードを入力します。

    [更新ログ保存フォルダー]

    ファームウェア更新ログを共有フォルダーに保存する場合は、[使用する]を選びます。

    初期値は[使用しない]です。

  2. 必要に応じて、管理者モードの[ネットワーク]-[本体更新設定]-[本体自動更新設定]-[ログ送信設定]で、ファームウェア更新ログを送信する設定をします。

    設定

    説明

    [中継用更新ファイル取得ログ]

    本機が中継サーバーとして動作した場合のログを、他の場所に送信する場合は、[使用する]を選びます。

    初期値は[使用しない]です。

    [送信プロトコル]

    ログの送信に使うプロトコルを選びます。

    初期値は[SMB]です。

    [SMB設定]

    SMBプロトコルを使ってログを送信する場合の設定をします。

    [ホスト名]

    ログ送信先のホスト名を入力します(半角253文字以内、記号は-、.、_のみ使用可能)。

    [ファイルパス]

    ログ送信先の共有フォルダーのパスを入力します(全角/半角255文字以内)。

    [ユーザー名]

    ログ送信先にログインするためのユーザー名を入力します(全角/半角64文字以内)。

    [パスワード]

    [ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します("を除く半角64文字以内)。

    パスワードを入力(変更)する場合は、[パスワードを変更する]にチェックをつけてから、新しいパスワードを入力します。

    [WebDAV設定]

    HTTPプロトコル(WebDAV)を使ってログを送信する場合の設定をします。

    [URL]

    ログ送信先のURLを入力します(スペースを除く半角253文字以内)。

    [ユーザー名]

    ログ送信先にログインするためのユーザー名を入力します(全角/半角64文字以内)。

    [パスワード]

    [ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します("を除く半角64文字以内)。

    パスワードを入力(変更)する場合は、[パスワードを変更する]にチェックをつけてから、新しいパスワードを入力します。

    [プロキシ]

    ログ送信先に接続するためにプロキシサーバーを経由する必要がある場合は、[使用する]を選びます。

    初期値は[使用しない]です。

  3. 必要に応じて、管理者モードの[ネットワーク]-[本体更新設定]-[HTTPプロキシ設定]で、プロキシの設定をします。

    設定

    説明

    [HTTPプロキシ設定]

    プロキシ経由で外部に接続する場合は、[使用する]を選びます。

    初期値は[使用しない]です。

    [プロキシサーバーアドレス]

    プロキシサーバーのアドレスを入力します。

    次のいずれかのフォーマットで入力します。

    • ホスト名の入力例:「host.example.com」

    • IPアドレス(IPv4)の入力例:「192.168.1.1」

    • IPアドレス(IPv6)の入力例:「fe80::220:6bff:fe10:2f16」

    [プロキシサーバーポート番号]

    必要に応じて、プロキシサーバーのポート番号を変更します。

    初期値は[80]です。

    [プロキシ認証]

    プロキシ認証を使用するかどうかを選びます。

    • [ユーザー名]:プロキシ認証に使用するログイン名を入力します(半角32文字以内)。

    • [パスワード]:[ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します(半角32文字以内)。パスワードを入力(変更) する場合は、[パスワードを変更する]にチェックをつけてから、新しいパスワードを入力します。