ホームWeb設定ツール本機に設定情報を書込む(インポート)

本機に設定情報を書込む(インポート)

インポートできる情報の種類

本機からコンピューターに保存(エクスポート)した各種設定情報を、本機に書込み(インポート)できます。また、装置の入替えなどで、同じ機種の別の装置からエクスポートした設定情報を移行できます。

本機にインポートできる情報は、次のとおりです。

項目

説明

[デバイス設定]

本機の各種設定値です。

[認証情報]

本機で管理する認証情報です。

認証情報をインポートするときは、エクスポート時に指定したパスワードを入力します。

[宛先]

本機に登録されている宛先の情報です。

宛先情報をインポートするときは、エクスポート時に指定したパスワードを入力します。

[コピープロテクト/スタンプ]

コピープロテクトや、スタンプの登録情報です。

[禁止コードリスト]

OpenAPI連携アプリケーションの禁止コードリストです。

インポートのしかた

  1. 管理者モードの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]で、インポートする情報を選び、[インポート]をクリックします。

  2. インポートするファイルの場所を指定し、[OK]をクリックます。

    • [認証情報]、[宛先]をインポートするときは、エクスポート時に指定したパスワードを入力します。

    • [宛先]をインポートするとき、[登録番号のみの宛先は、本体へ登録しない。]を選ぶと、インポートするファイルに登録番号のみ記載されている宛先情報は、本機に登録されません。[登録番号のみの宛先は、本体から削除する。]を選ぶと、登録番号のみ登録されている宛先情報を、本機から削除します。

    インポートが開始されます。

  • カウンター情報はインポートできません。

  • 禁止コードリストについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

  • 証明書を登録している場合、E-mailアドレスはインポートできません。