ホームWeb設定ツールチェーンの検証に使う外部証明書をインポートする

チェーンの検証に使う外部証明書をインポートする

インポートできる外部証明書の種類

証明書のチェーン(証明書のパス)を検証するときに使う外部証明書を、本機にインポートします。

本機には、次の証明書をインポートできます。

種類

説明

[信頼するCAのルート証明書]

提示される証明書のチェーンを検証する場合は、証明書を発行したCAの証明書を、本機にインポートしておく必要があります。

[信頼するCAの中間証明書]

提示される証明書が中間認証局から発行されている場合は、中間認証局の証明書を、本機にインポートしておく必要があります。

また、中間認証局を認証しているCAのルート証明書も、本機にインポートしておく必要があります。

[信頼するEE(End Entity)の証明書]

「信頼するEE」とは、提示される証明書そのものを意味しています。

提示される証明書そのものを本機にインポートしておくことで、提示される証明書を、信頼する証明書として判断できます。

提示される証明書が、信頼されるEEの証明書として本機に事前に登録されている場合には、本機は証明書のチェーンを検証せずに、提示された証明書を、信頼できる証明書として判断します。

[信頼しない証明書]

信頼しない証明書を登録できます。

インポートのしかた

証明書のチェーン(証明書のパス)の検証に使う外部証明書を、本機にインポートします。

  1. 管理者モードの[セキュリティ]-[PKI設定]-[外部証明書設定]で、[新規登録]をクリックします。

    • 一覧に表示する証明書を切換えるときは、切換えたい証明書を選び、[表示切替]をクリックします。

    • 登録済みの証明書を削除するときは、[削除]をクリックします。

  2. [参照]をクリックして、インポートする証明書を指定します。

  3. [OK]をクリックします。

    インポート結果が表示されます。