ホームWeb設定ツールUSBメモリーの使用設定をする

USBメモリーの使用設定をする

USBメモリーからのファイルの印刷と読込み、USBメモリーへのファイルの保存を許可するかどうかを設定します。

管理者モードの[環境設定]-[ボックス設定]-[外部メモリ機能設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[文書保存]

USBメモリーへのファイルの保存を許可するかどうかを選びます。

初期値は[OFF]です。

[文書印刷]

USBメモリーからのファイルの印刷を許可するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[文書読込]

USBメモリーから読込んだファイルのボックスへの保存を許可するかどうかを選びます。

初期値は[OFF]です。

  • ユーザー認証を導入している場合、ユーザーに対して、USBメモリーへのファイルの保存([文書保存])およびUSBメモリーからのファイルの読込み([文書読込])を許可するには、ユーザーごとに使用を許可する必要があります。詳しくは、こちらをごらんください。