ホームWeb設定ツール再送信機能を使う

再送信機能を使う

再送信機能は、オートリダイアル機能でも送信できなかったファクスを本機のボックスに一定期間保存する機能です。

保存されたファクスは、ボックスから呼出してあとから再送信できます。

管理者モードの[ファクス設定]-[機能設定]-[再送信設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[再送信設定]

再送信機能を使うときは、チェックをつけます。

初期値は[OFF](チェックなし)です。

[ファイル保持時間]

送信できなかったファクスを本機のボックスに保存する時間を選びます。

初期値は[12]時間です。