ホームボックス共有ボックス内のファイルをネットワーク上で共有する(SMBファイル共有)

共有ボックス内のファイルをネットワーク上で共有する(SMBファイル共有)

SMBファイル共有について

SMBファイル共有は、本機をSMBサーバーとして動作させ、本機の共有ボックス内のファイルをネットワーク上で共有する機能です。

ネットワーク上の共有フォルダーを参照するのと同じように、コンピューターから装置に接続し、共有ボックス内のファイルを簡単に取出すことができます。

お使いになるために必要な作業(管理者向け)

本機のSMBファイル共有機能を有効にし、ファイル共有に使用する共有ボックスを登録します。

設定のしかたについては、Web Connectionを使って説明します。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 共有ボックスを介してSMBフォルダーに保存したファイルを自動的に削除するまでの時間を設定できます(初期値:[1日])。詳しくは、こちらをごらんください。

  • SMBフォルダーのファイルの総容量が、ハードディスクに確保している容量の90%を超えている場合、ボックス管理者のメールアドレスに通知されます。ボックス管理者のメールアドレスが設定されていない場合は、本機の管理者のメールアドレスに通知されます。ボックス管理者の設定について詳しくは、こちらをごらんください。

共有ボックスにファイルを保存する

次の方法で共有ボックスに保存したファイルのみ、ネットワーク上で共有できます。

  • ボックスモードから共有ボックスに保存したファイル

  • 操作方法について詳しくは、こちらをごらんください。

  • ファクス/スキャンモードから共有ボックスに保存したファイル

  • 操作方法について詳しくは、こちらをごらんください。

  • コピーモード、プリンタードライバー、USBメモリー、Bluetooth対応機器から共有ボックスに保存したファイルは、ネットワーク上で共有できません。

コンピューターから共有ボックス内のファイルを参照する

ネットワーク上の共有フォルダーを参照するのと同じように、コンピューターから装置に接続し、共有ボックス内のファイルを簡単に取出すことができます。

  • コンピューターから共有ボックスを参照したときのフォルダー名は、「ボックス番号(9桁)_ボックス名」となります。

  • 共有ボックスにパスワードが設定されている場合、共有ボックスを参照するとき、次のIDとパスワードで認証します。

  • ID:ボックス番号

    パスワード:ボックスに設定したパスワード

  • ボックス管理者を設定している場合、共有ボックスにパスワードが設定されていてもボックス管理者のIDとパスワードで認証することで、共有ボックス内のファイルを参照できます。

  • Web Connectionを使って共有ボックスのファイルをコンピューターにダウンロードできます。詳しくは、こちらをごらんください。