ホームファクス受信したファクスを指定したボックスに保存する(PC-FAX受信)

受信したファクスを指定したボックスに保存する(PC-FAX受信)

PC-FAX受信について

PC-FAX受信は、受信したファクスを強制メモリー受信ボックスまたはFコード(SUBアドレス)で指定されたボックスに、自動的に保存する機能です。

保存されたファクスは、ボックスからコンピューターに取込めます。

ダイアルインサービスをご利用の場合は、ダイアルインのPC-FAX番号で受信したファクスだけPC-FAX受信するように設定できます。

  • PC-FAX受信機能を有効にすると、以下の機能は併用できません。
    強制メモリー受信、転送ファクス、TSI受信振分け

  • 親展のファクスおよび中継依頼のファクスは、親展ボックスまたは中継ボックスに保存されます。

  • 受信出力先を指定ボックスに設定している場合、Fコードでボックスが指定されていないファクスは強制メモリー受信ボックスに保存されます。

  • 受信出力先を強制メモリー受信ボックスに設定している場合、Fコードでボックスが指定されたファクスは通信エラーになります。

  • ダイアルイン機能を使って、PC-FAX番号で受信したファクスのみPC-FAX受信する設定をしている場合、ファクス番号で受信したファクスは印刷されます。

お使いになるために必要な作業(管理者向け)

PC-FAX受信機能を有効にします。あわせて、受信したファクスを保存するボックスを指定します。

設定のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

  • 受信出力先を指定ボックスに設定してパスワードチェックを行う場合、ボックスのパスワードではなく通信パスワードを設定します。PC-FAX受信で使用するボックスが複数ある場合でも、通信パスワードは共通で使用されます。

  • 複数の回線をお使いの場合は、[回線別受信設定]を[ON]に設定することで、PC-FAX受信機能を回線別に設定することもできます。詳しくは、こちらをごらんください。

受信したファクスを印刷する

PC-FAX受信でボックスに保存されたファクスを印刷したいときは、保存先のボックスを参照します。

  • 共有/個人/グループボックスに保存されたファクスの印刷のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

  • 強制メモリー受信ボックスに保存されたファクスの印刷のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。