ホームファクス送信する(基本的な操作の流れ)

送信する(基本的な操作の流れ)

  1. 原稿をセットします。

  2. [ファクス/スキャン]をタップします。

  3. ファクス番号を指定します。

    • 宛先の指定のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

    • 複数の宛先を指定することで、コンピューターへの送信、ファクス送信などが同時に実行できます。初期設定では、複数の宛先の指定が禁止されているため設定変更が必要です。詳しくは、こちらをごらんください。

    • 必要に応じて、ファクス/スキャンモードのトップ画面の表示を変更できます(初期値:[登録宛先から])。詳しくは、こちらをごらんください。

  4. 必要に応じて、ファクス送信のオプション設定をします。

    • オプション設定について詳しくは、以下の各項目をごらんください。

    目的

    参照先

    原稿サイズや解像度などの基本的なオプション設定をしたい

    こちら

    サイズの異なる原稿や本など、いろいろな原稿に合わせたオプション設定をしたい

    こちら

    新聞紙など、下地に色がついている原稿や、色の薄い原稿などの画質を調整したい

    こちら

    日時やページ番号を振りたい

    こちら

    その他のオプション設定

    こちら

  5. スタートを押します。

    • 必要に応じて、送信前に[設定確認]をタップし、指定した宛先や設定内容を確認します。

    • 宛先の指定や、オプション設定をやり直したいときは、リセットを押します。

    • 指定した宛先や設定内容を確認する画面が表示された場合は、内容を確認して[送信]をタップしてください。

    • キーボード画面が表示された場合は、設定されているパスワードを入力して、[送信]をタップしてください。パスワードについては、本機の管理者にお問い合わせください。

    送信が開始されます。

    • 原稿の読込み中にストップを押すと、読込みを停止し、停止中のジョブの一覧を表示します。原稿の読込みをやり直したいときは、一覧から停止中のジョブを削除します。

  • 送信するファクスには、発信元情報が自動的に付加されます。

  • お使いの環境に合わせて、ファクス送信のオプション設定の初期値を変更できます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • スタートを押してファクスの送信を開始する前に、指定した宛先や設定内容をタッチパネルに表示して、送信者に再確認を促すことができます。また、確認した内容を承認するためのパスワードを設定することもできます。パスワードが正しくない場合、ファクスの送信ができません。(初期値:[ON])。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 発信元名を複数登録し、送信先に応じて使い分けることができます。詳しくは、こちらをごらんください。