ホームスキャンコンピューター側:お使いになるために必要な作業

コンピューター側:お使いになるために必要な作業

コンピューターに、WSスキャンで使うスキャナードライバーをインストールします。インストール後、ドライバーに、スキャン送信後の動作を設定します。ここでは、Windows 7を例に説明します。

インストールの前に、スタートメニューから[コントロールパネル]-[ネットワークとインターネット]-[ネットワークと共有センター]-[共有の詳細設定の変更]で、[ネットワーク探索]が有効に設定されていることを確認してください。

  1. スタートメニューから[コンピューター]-[ネットワーク]をクリックします。

    ネットワークに接続されている機器が表示されます。

  2. 本機のスキャナーアイコンを右クリックして、[インストール]を選びます。

    • コンピューター側の設定によっては、UAC(User Account Control)画面が表示されることがあります。内容を確認し、続行してください。

    • 本機のWebサービスの設定で、スキャン機能とプリンター機能の両方が有効になっている場合、本機はプリンターアイコンで表示されます。

    • Windows 8/8.1/Server 2012/Server 2012 R2の場合は、ツールバーから[ネットワーク]-[デバイスとプリンターの追加]をクリックします。表示された画面で、本機のデバイス名を選び、[次へ]をクリックします。

    ドライバーが自動的にインストールされます。確認画面が表示されたら[閉じる]をクリックします。

  3. スタートメニューから[デバイスとプリンター]をクリックします。

  4. 本機のアイコンを右クリックして、[スキャン プロパティ]をクリックします。

  5. [イベント]タブをクリックして、スキャン送信(WSスキャン)したときの、送信先のコンピューターの動作(原稿データの保存のしかた)を設定します。

    設定

    説明

    [イベントを選択してください]

    [スキャン]を選びます。

    [操作]

    本機でスキャン送信したときの、送信先のコンピューターの動作を選びます。

    • [指定したプログラムを起動する]:WSスキャンの宛先に選んだコンピューターにインストールされている、WSスキャンができるアプリケーションソフトウェアを起動して、読込んだ原稿データをアプリケーションウィンドウに表示します。起動するアプリケーションは、リストから選びます。

    • [実行するプログラムを選択する]:お使いのコンピューター(送信先のコンピューター)にインストールされているWSスキャンができるアプリケーションソフトウェアの一覧を、スキャン送信したコンピューターの画面に表示します。

    • [何もしない]:アプリケーションソフトウェアを起動せず、以下のフォルダーにファイルとして保存します。
      コンピューターのスタートメニュー-[ドキュメント]-[Scanned Documents]

  6. 本機の操作パネルで、ファクス/スキャンモードの[直接入力]-[ファイル送信(DPWS)]をタップし、送信したいコンピューターが表示されることを確認します。

    以上で、コンピューター側の設定の完了です。