ホームプリントコンピューターから直接印刷する(ダイレクトプリント)

コンピューターから直接印刷する(ダイレクトプリント)

ダイレクトプリントについて

ダイレクトプリントは、プリンタードライバーを使わずに、コンピューター上のPDF(Ver.1.6)、JPEGTIFF、XPS、PS、PCL、Text、OOXML(.docx/.xlsx/.pptx)、PPML(.ppml/.vdx/.zip)ファイルを直接本機に送信して印刷する機能です。

Textファイルの場合、1バイト文字のみ対応しています。

Web Connectionを使って、コンピューターに保存されているファイルを指定することで印刷できます。

  • TIFF、JPEG、PDF形式のファイルをダイレクト印刷するときの、印刷する用紙サイズの決定方法を設定できます(初期値:[自動])。詳しくは、こちらをごらんください。

  • Textファイルを印刷する場合、[PDL設定]を[自動]に設定する必要があります(初期値:[自動])。詳しくは、こちらをごらんください。

ダイレクトプリントのしかた

Webブラウザーを使ってWeb Connectionへ接続し、印刷するファイルを指示します。PDF(Ver.1.6)、JPEG、TIFF、XPS、PS、PCL、Text、OOXML(.docx/.xlsx/.pptx)、PPML(.ppml/.vdx/.zip)形式のファイルを印刷できます。

  1. Webブラウザーを使ってWeb Connectionへアクセスします。

    • Web Connectionへのアクセスのしかたについては、こちらをごらんください。

  2. ユーザーモードにログインします。

    • ユーザーモードへのログインのしかたについては、こちらをごらんください。

  3. [ダイレクトプリント]をクリックします。

  4. 印刷するファイルを選び、[OK]をクリックします。

    • 必要に応じて、印刷設定を変更します。

    ファイルが送信され、印刷されます。

  • パスワードが設定されたPDFファイルを印刷すると、パスワード暗号化PDFボックスに保存されます。パスワード暗号化PDFボックスに保存されたファイルの印刷のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

  • Web Connectionのダイレクトプリントと同じ機能を、より手軽にお使いいただけるアプリケーションソフトウェアとしてDirect Printがあります。デスクトップアイコンへのドラッグ& ドロップによる印刷、Windowsの[送る]メニューを使った印刷、ホットフォルダー(印刷監視用フォルダー)を使った自動印刷などができます。また、印刷設定を行ったジョブ設定を複数登録しておくこともできます。Direct Printは、Driver & Utilities CD-ROM Vol.1またはDriver & Utilities CD-ROM Vol.2のメニューの[各種ユーティリティ]からユーティリティソフトウェアのダウンロードページを表示し、ダウンロードしてください。詳しくは、Direct Printのマニュアルをごらんください。