ホーム機能 / 設定キーの説明S/MIME通信設定

S/MIME通信設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ネットワーク設定]
        • [E-mail設定]
          • [S/MIME通信設定]

本機でS/MIMEを使うための設定をします。E-mailの暗号化とデジタル署名の付加を行い、E-mailのセキュリティーを強化できます。

設定

説明

[使用する]/[使用しない]

S/MIMEを使うかどうかを選びます。

初期値は[使用しない]です。

[デジタル署名]

E-mail送信時にデジタル署名を付加する場合は、デジタル署名を付加する方法を選びます。

  • [常に署名しない]:デジタル署名を付加しません。

  • [常に署名する]:常にデジタル署名を付加します。E-mailを送信する前に特別な設定をしなくても、自動的にデジタル署名が付加されます。

  • [送信時に選択する]:デジタル署名を付加するかどうかを、E-mailを送信する前にユーザーに選ばせます。

初期値は[常に署名しない]です。

[メール本文の暗号化種類]

E-mailの本文の暗号化方式を選びます。

初期値は[3DES]です。

[S/MIME情報の印刷]

本機がS/MIMEメールを受信したときに、S/MIME 情報を印刷するかどうかを選びます。

初期値は[しない]です。

[証明書の自動取得]

受信したE-mail から証明書を自動的に取得するかどうかを選びます。

取得した証明書は、証明書に記載されているメールアドレスと一致するE-mail宛先に追加登録されます。

初期値は[しない]です。

[証明書検証強度設定]

[証明書の自動取得]で[する]を選んだ場合に、取得した証明書の検証を行う場合は、検証する項目を選びます。

  • [有効期限]:証明書が有効期限内かどうかを確認します。初期値は[確認する]です。

  • [鍵使用法]:証明書の発行者が承認した使用用途に沿って、証明書が使われているかどうかを確認します。初期値は[確認しない]です。

  • [チェーン]:証明書のチェーン(証明書のパス)に問題がないかどうかを確認します。チェーンの確認は、本機で管理している外部証明書を参照して行います。初期値は[確認しない]です。

  • [失効確認]:証明書が失効していないかどうかを確認します。初期値は[確認しない]です。

[デジタル署名形式]

E-mail送信時にデジタル署名を付加する場合は、デジタル署名の認証方式を選びます。

初期値は[SHA-1]です。