ホーム機能 / 設定キーの説明ファイル送信(SMB)

ファイル送信(SMB)

表示するには:
  • [ボックス]
    • [システム]
      • [ファイリングナンバー]
        • 任意のボックスを選択
          • [開く]
            • ファイルを選択
              • [送信]
                • [直接入力]
                  • [ファイル送信(SMB)]

ネットワーク上のコンピューターの共有フォルダーへ送信するときに、宛先とするコンピューター名(ホスト名)またはIPアドレスを入力します。

複数の宛先を指定するときは、[次宛先]をタップすると、宛先を追加できます。

設定

説明

[ホスト名]

宛先とするコンピューター名(ホスト名)またはIPアドレスを入力します(253バイト以内)。

  • コンピューター名(ホスト名)の入力例:「HOME-PC」

  • IPアドレス(IPv4)の入力例:「192.168.1.1」

  • IPアドレス(IPv6)の入力例:「fe80::220:6bff:fe10:2f16」

[ファイルパス]

[ホスト名]に入力したコンピューターの共有フォルダー名を入力します(255バイト以内)。一般的には、共有名と呼ばれています。

  • 入力例:「scan」

共有フォルダー内のフォルダーを指定したいときは、フォルダー名の間に「¥」を入力します。

  • 入力例:「scan¥document」

[ユーザー名]

[ファイルパス]に入力したフォルダーのアクセス権限を持つユーザー名を入力します(全角/半角64文字以内)。

  • 入力例:「public user」

[パスワード]

[ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します。

[参照]

タッチパネルから、ファイルを送信したいコンピューターを探して、共有フォルダーを選びます。

認証画面が表示されたら、選んだフォルダーのアクセス権限を持つユーザー名とパスワードを入力します。認証後は、[ホスト名]や[ファイルパス]などが自動で入力されます。

以下の場合、正しく参照できない可能性があります。

  • 本機が接続しているネットワーク(サブネット)上に、512を超えるワークグループおよびコンピューターが存在する場合、正しく参照できない可能性があります。

  • IPv6環境では参照できません。