ホーム機能 / 設定キーの説明ファイル形式

ファイル形式

表示するには:
  • [ボックス]
    • 任意のボックスを選択
      • [開く]
        • ファイルを選択
          • [その他]
            • [外部メモリーに保存]
              • [ファイル形式]

外部メモリーに保存するときのファイル形式を選びます。

設定

説明

[ファイル形式]

保存したいファイル形式を、以下から選びます。

  • [PDF]:ほとんどのOSで表示できるフォーマットで、ファイルにパスワードを設定したり、暗号化したりできます。重要な原稿データは、PDFでの保存がおすすめです。

  • [コンパクトPDF]:通常のPDF形式よりも小さなファイルサイズで保存します。E-mail送信など、ファイルサイズを小さくしたいときなどにおすすめです。

  • [TIFF]:汎用度の高い画像形式の1つです。TIFFは、1つのファイルに複数ページを持てるマルチページに対応しています。

  • [JPEG]:デジタルカメラでよく使われているファイルの保存形式で、写真の保存に適したファイル形式です。JPEGは、1つのファイルに複数ページを保存できません。

  • [XPS]:Windows Vistaから採用されたファイル形式です。

  • [コンパクトXPS]:通常のXPS形式よりも小さなファイルサイズで保存します。

  • [PPTX]:Microsoft Office 2007以降のPowerPointで作成した、XMLベースのファイルの拡張子です。

[PDF詳細設定]

ファイル形式として[PDF]または[コンパクトPDF]を選んだときに、PDFのオプション設定ができます。

デジタル署名を付加してファイルの作成者を証明したり、ファイルを暗号化して、高度なセキュリティーに配慮することもできます。

詳しくは、こちらをごらんください。