ホーム機能 / 設定キーの説明セキュリティー強化設定

セキュリティー強化設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [セキュリティー設定]
        • [セキュリティー強化設定]

セキュリティー強化モードを有効にするかどうかを選びます。

セキュリティー強化モードを有効にすることで、さまざまなセキュリティー機能が連動して設定されます。データ管理において安全性をより高めることができます。詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

セキュリティー強化設定を有効にするには、あらかじめ以下の設定が必要です。

管理者設定の設定項目

必要な設定

[ユーザー認証/部門管理]-[認証方式]-[ユーザー認証]

[認証する]を選びます。

[セキュリティー設定]-[管理者パスワード]

パスワード規約を満たすパスワードを設定します。

[セキュリティー設定]-[HDD管理設定]-[HDD暗号化設定]

HDD 暗号化を有効にします。

Web Connectionで本機の証明書を登録する

詳しくは、こちらをごらんください。

[管理機能チョイス]

[CEパスワード]

[CE認証機能]

[HDD装着設定]

サービスエンジニアの設定が必要です。詳しくはサービス実施店にお問い合わせください。

セキュリティー強化設定を有効にすると、連動して以下の設定が変更されます。

管理者設定の設定項目

変更される設定

[環境設定]-[ユーザー操作禁止設定]-[変更禁止設定]-[登録宛先変更]

[禁止]に設定されます。

[ユーザー認証/部門管理]-[認証方式]-[パブリックユーザー]

[許可しない]に設定されます。

[ユーザー認証/部門管理]-[ユーザー認証設定]-[管理設定]-[ユーザー名一覧]

[表示しない]に設定されます。

[ユーザー認証/部門管理]-[認証指定なし印刷]

[禁止]に設定されます。

[ユーザー認証/部門管理]-[ユーザー/部門共通設定]-[遠隔カウンター管理]

[許可しない]に設定されます。

[ユーザー認証/部門管理]-[プリント簡易認証]-[認証設定]

[禁止]に設定されます。

[ネットワーク設定]-[FTP設定]-[FTPサーバー設定]

[使用しない]に設定されます。

[ネットワーク設定]-[E-mail設定]-[S/MIME通信設定]

  • [証明書の自動取得]は[しない]に設定されます。

  • [メール本文の暗号化種類]が[RC2-40]、[RC2-64]、[RC2-128]、[DES]の場合、[3DES]に設定されます。

[ネットワーク設定]-[SNMP 設定]-[SNMP v1/v2c設定]-[Write設定]

[無効]に設定されます。

[ネットワーク設定]-[SNMP設定]-[SNMP v3設定]

読み書き可能ユーザーの[Security Level]が[auth-password/priv-password]に設定されます。

[auth-password]には変更できます。

[ネットワーク設定]-[TCP Socket設定]-[TCP Socket]-[SSL/TLS使用]

[使用する]に設定されます。

[ネットワーク設定]-[WebDAV設定]-[WebDAVサーバー設定]-[SSL設定]

[SSL通信のみ可]に設定されます。

[ネットワーク設定]-[Webブラウザー設定]

[無効]に設定されます。

[ネットワーク設定]-[リモートパネル 設定]

  • [クライアント設定]:[使用しない]に設定されます。

  • [サーバー設定]:[使用しない]に設定されます。

[システム連携]-[OpenAPI設定]-[SSL/ポート設定]-[SSL設定]

[SSL通信のみ可]に設定されます。

[セキュリティー設定]-[ボックス管理者設定]

[認めない]に設定されます。

[セキュリティー設定]-[セキュリティー詳細]-[パスワード規約]

[有効]に設定されます。

[有効]に設定できない場合は、セキュリティー強化設定をONにできません。

[セキュリティー設定]-[セキュリティー詳細]-[認証操作禁止機能]

  • [認証操作禁止機能]は[モード2]、[チェック回数]は[3]回に設定されます。チェック回数は[1]~[3]回の範囲で変更できます。

  • [操作禁止解除時間設定]:[5]分に限定されます。5分以上には変更できます。

[セキュリティー設定]-[セキュリティー詳細]-[セキュリティー文書アクセス方式]

[モード2]に設定されます。

[セキュリティー設定]-[セキュリティー詳細]-[プリントデータキャプチャー]

[禁止]に設定されます。

[セキュリティー設定]-[セキュリティー詳細]-[個人情報非表示(MIB)]

[ON]に設定されます。

[セキュリティー設定]-[セキュリティー詳細]-[イニシャライズ]

[ネットワーク設定]を選んで実行すると、セキュリティー強化モードが解除されます。

[遠隔診断設定]-[ユーザーデータの書換え]

[許可しない]に設定されます。

Web Connectionの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]

パスワードの設定が必要になります。

Web Connectionの[セキュリティ]-[PKI設定]-[デバイス証明書設定]

[証明書を破棄する]が表示されなくなります。

Web Connectionの[セキュリティ]-[PKI設定]-[SSL使用設定]

  • [SSL/TLS使用モード]:[管理者モードとユーザーモード]に設定されます。

  • [暗号強度]:[AES-256, 3DES-168, RC4-128, DES-56, RC4-40]または[AES-256, 3DES-168, RC4-128]に設定されている場合、[AES-256, 3DES-168]に変更されます。

Web Connectionの[セキュリティ]-[PKI設定]-[プロトコル設定]

[プロトコル1]:[SSL]、[プロトコル2]:[httpサーバー]に証明書が登録されます。

遠隔診断システム

使用できなくなる機能があります。詳しくはサービス実施店にお問い合わせください。

[セキュリティー設定]-[画像ログ転送設定]

[使用しない]に設定されます。

セキュリティー文書ボックスプレビュー

パスワードによる認証前はリスト表示のみとなります。

  • セキュリティー強化設定に連動して変更された設定を変更すると、確認画面が表示され、セキュリティー強化モードが解除される場合があります。

  • セキュリティー強化設定に連動して変更された設定は、セキュリティー強化設定を無効にしても、変更されません。

  • パスワード規約が有効に設定されると、規約を満たしていないパスワードが設定されている項目は、認証時に認証失敗になります。