ホームアクセシビリティーコピーの各種設定(原稿設定)

コピーの各種設定([原稿設定])

原稿のとじしろを指定する([原稿のとじしろ])

両面原稿を読込むときは、とじしろの位置が逆にならないよう[原稿のとじしろ]で原稿のとじしろ位置を指定します。

  1. [原稿設定]-[原稿のとじしろ]をタップします。

    設定

    説明

    [自動]

    原稿のとじしろが自動で設定されます。

    • 原稿の長辺が297 mm以下の場合、用紙の長辺にとじしろを設定します。

    • 原稿の長辺が297 mmを超える場合、用紙の短辺にとじしろを設定します。

    [上開き/とじ]

    原稿の上側にとじしろがあるときに選びます。

    [左開き/とじ]

    原稿の左側にとじしろがあるときに選びます。

    [右開き/とじ]

    原稿の右側にとじしろがあるときに選びます。

原稿の内容に適した画質を選ぶ([原稿画質])

原稿の記載内容に適した設定を選び、最適な画質でコピーします。

  1. [原稿設定]-[原稿画質]をタップします。

    設定

    説明

    [文字]

    文字が多い原稿を、最適な画質でコピーします。

    文字のエッジをシャープに再現して、読みやすい画像にします。

    [薄文字原稿]

    文字が多い原稿で、細い文字や濃度が薄い文字の場合に、最適な画質でコピーします。

    文字の濃度を濃く再現して、読みやすい文字にします。

    [コピー原稿]

    コピーやプリンターで出力した、濃度が均一な原稿を、最適な画質でコピーします。

    [文字/写真]

    文字と写真とで構成された原稿を、最適な画質でコピーします。

    文字のエッジはシャープに再現して、写真は滑らかに再現します。

    • [印画紙写真]:写真の部分が、印画紙に印刷された原稿を読込むときに選びます。

    • [印刷写真]:パンフレットやカタログなど、印刷された原稿を読込むときに選びます。

    [写真]

    写真だけで構成された原稿を、最適な画質でコピーします。

    • [印画紙写真]:印画紙に印刷された原稿を読込むときに選びます。

    • [印刷写真]:パンフレットやカタログなど、印刷された原稿を読込むときに選びます。

原稿をセットした方向を指定する([原稿セット方向])

両面原稿を読込む場合などに、読込んだあとの上下が正しくなるように原稿をセットした向きを指定できます。

  1. [原稿設定]-[原稿セット方向]をタップし、原稿セット方向を選びます。

異なるサイズの原稿をまとめて読込む([混載原稿])

サイズの異なる複数ページの原稿でも、ADFを使うことで、原稿ごとにサイズを検知して読込みます。

  • すべての原稿はADFの左側と奥側を基準にしてセットします。

  1. [原稿設定]-[混載原稿]をタップします。

折りぐせのある原稿を読込む([Z折れ原稿])

折りぐせのついた原稿でも、原稿サイズを正確に検知します。

折りぐせのついた原稿をADFにセットすると、原稿サイズを正確に検知できないことがあります。折りぐせのついた原稿をADFから読込むときは、[Z折れ原稿]で読込んでください。

  • 折ぐせのついた原稿は、ADFにセットする前に伸ばしてください。伸ばさずに読込むと、紙づまりやサイズ誤検知の原因になります。

  1. [原稿設定]-[Z折れ原稿]をタップします。