ホーム操作パネルについて各モードに表示する機能キーをカスタマイズする(管理者向け)

各モードに表示する機能キーをカスタマイズする(管理者向け)

機能キーの表示パターンを選ぶ

本機には、各モードの機能キーの表示/非表示が登録された3種類の表示パターンが用意されています。

表示パターンには、すべての機能キーを表示する[Full]、一般的によく使われる機能キーを表示する[Standard]、[Standard]からさらに基本的な機能キーだけを表示する[Basic]があります。

初期状態では[Full]に設定されています。機能キーの使用状況に応じて、あらかじめ用意された3種類の表示パターンのいずれかに変更できます。

  1. [設定メニュー]-[管理者設定]-[環境設定]-[画面カスタマイズ設定]-[機能パターンカスタマイズ]で、[コピー・印刷]または[送信・保存]をタップします。

    • [コピー・印刷]を選ぶと、コピーモードと、ボックスモードの印刷設定画面に表示する機能キーの表示パターンを変更できます。

    • [送信・保存]を選ぶと、ファクス/スキャンモードと、ボックスモードの送信設定画面、保存設定画面に表示する機能キーの表示パターンを変更できます。

  2. 機能キーの表示パターンを選び、[OK]をタップします。

    • 各パターンで表示される機能は[詳細]をタップして確認してください。

    機能キーの表示パターンが変わります。

  • お使いの環境に合わせて、機能キーの表示パターンを追加できます。詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

  • ユーザー認証または部門管理を導入している場合は、ユーザーや部門ごとに機能キーの表示パターンの変更を許可するかどうかを選べます(初期値:[許可しない])。詳しくは、こちらをごらんください。
    設定するには:[設定メニュー]-[管理者設定]-[環境設定]-[画面カスタマイズ設定]-[ユーザー/部門別機能パターン許可]

  • ユーザーや部門ごとに機能キーの表示パターンを変更する場合は、ユーザー/部門情報を編集して、個別に機能キーの表示パターンを選びます。
    ユーザーごとに設定するには:設定メニュー-[管理者設定]-[ユーザー認証/部門管理]-[ユーザー認証設定]-[ユーザー登録]-[編集]-[機能パターンカスタマイズ]
    部門ごとに設定するには:[設定メニュー]-[管理者設定]-[ユーザー認証/部門管理]-[部門管理設定]-[部門登録]-[編集]-[機能パターンカスタマイズ]

トップ画面に表示する機能キーを選ぶ

各モードのトップ画面に表示する機能キーの種類や配置を変更できます。

機能キーの使用状況に応じて、よく使う機能キーはトップ画面に配置したり、使わない機能キーは非表示にしたりできます。

  • トップ画面に表示する機能キーを変更するには、あらかじめ機能キーの変更を許可する必要があります(初期値:[禁止])。詳しくは、こちらをごらんください。
    設定するには:[設定メニュー]-[管理者設定]-[環境設定]-[画面カスタマイズ設定]-[機能キー変更許可設定]

  1. [設定メニュー]-[ユーザー設定]-[画面カスタマイズ設定]で、[機能キー設定(コピー・印刷)]または[機能キー設定(送信・保存)]をタップします。

    • [機能キー設定(コピー・印刷)]を選ぶと、コピーモードのトップ画面と、ボックスモードの印刷設定画面に表示する機能キーを変更できます。

    • [機能キー設定(送信・保存)]を選ぶと、ファクス/スキャンモードのトップ画面と、ボックスモードの送信設定画面、保存設定画面に表示する機能キーを変更できます。

  2. 設定を変更したい機能キーの番号を選びます。

    • [機能キー設定(コピー・印刷)]を選んだ場合は、[機能キー1]~[機能キー7]までが[基本機能1]、[機能キー8]~[機能キー14]までが[基本機能2]に配置されます。よく使う機能は、[機能キー1]~[機能キー7]に割当てると便利です。

  3. [使用する]をタップし、機能キーに割当てる機能を選び、[OK]をタップします。

    トップ画面に表示される機能キーが変わります。

  • [機能キー設定(コピー・印刷)]を選んで機能キーの設定を変更した場合、[機能キー1]~[機能キー14]に割当てない機能は[応用設定]に表示されます。

  • [機能キー設定(送信・保存)]を選んで機能キーの設定を変更した場合、[機能キー1]~[機能キー7]に割当てない機能は[応用設定]に表示されます。