ホーム拡張機能サーチャブルPDFを作成する

サーチャブルPDFを作成する

PDF形式でファイルを送信するときに、OCRの文字認識技術を利用して、テキスト検索が可能なPDF(サーチャブルPDF)を作成します。

サーチャブルPDFを作成するときは、ファイル形式として[PDF]または[コンパクトPDF]を選び、[PDF詳細設定]-[サーチャブルPDF]で、次の設定をします。

設定

説明

[ON]/[OFF]

サーチャブルPDFを作成するときは、[ON]を選びます。

[言語選択]

OCR処理に使う言語を選びます。

正しく文字認識を行うには、原稿で使われている言語を選びます。

[回転補正]

OCR処理により検出した文字の向きに合わせて、ページごとに自動で回転補正を行うときはチェックをつけます。

回転補正を行わないときは、指定した原稿の向きが文字の向きと異なる場合に、文字が正しく認識されません。

[文書名自動抽出]

OCRの文字認識結果から、文書の名前としてふさわしい文字列を自動的に抽出して、文書名として設定するときは、チェックをつけます。

文書名は、1ページ目の文字認識の結果、日付、時刻、連番をもとにして、自動的に生成されます。

  • [ファイル形式]で[コンパクトPDF]を選ぶと、[PDF]を選んだときよりも、OCR処理の速度が向上する場合があります。

  • デジタル証明書(デジタルID)による暗号化を同時に設定する場合、[回転補正]を設定できません。

  • PDF/Aに準拠したPDFと、サーチャブルPDFとを、同時に作成できません。

[言語選択]で次の言語を選んだときは、縦書きと横書きを自動的に認識します。

  • [日本語]、[中国語]、[韓国語]、[台湾語]

[言語選択]で次の言語を選んだときに、原稿の同じページに縦書きと横書きが混在している場合は、どちらか一方の向きで認識されます。

  • [中国語]、[韓国語]、[台湾語]

  • PDF形式でファイルを送信するときに、OCR文字認識の結果から文書名にふさわしい文字列を、初期状態で抽出しないように設定できます。[設定メニュー]-[管理者設定]-[環境設定]-[PDF設定]-[サーチャブルPDF設定]-[有効/無効]で、[無効]を選びます(初期値:[有効])。

  • OCRの文字認識結果から、文書名としてふさわしい文字列を自動的に抽出するときの、文字列の長さの上限を設定できます。[設定メニュー]-[管理者設定]-[環境設定]-[PDF設定]-[サーチャブルPDF設定]-[抽出文書名最大長設定]で、文字列最大長を設定します(最大30 文字)。

  • ファイルを送信する前に、自動的に設定された文書名を確認するように設定できます。[設定メニュー]-[管理者設定]-[環境設定]-[PDF設定]-[サーチャブルPDF設定]-[文書名確認画面]で、[表示する]を選びます(初期値:[表示しない])。